すべての記事を表示

若気のItaly

お題ブログ:好きなことわざを教えて!

人のふり見て我がふりnow on sale

 


鬼にcarnival

 


犬も歩けば棒にattack

 


ちりも積もれば山trouble

 


板垣system自由は死さず

 


我がfire猫である

 


早起きは someone の得

 


知らぬがhot cake

 


笑う門にはfuck kill tall

 


残り物にはfuck girl 


 
火に油を so-so good

 


南無army陀仏

 

 
灯台motor cry see

 


貧乏暇nothing 


 
二階から目good three

 


鶴は千年comeは万年

 


閑さや岩にしみ入る“say me”の声

 


二度あることはsand all

 


Hot cake の顔も sand made

 


水も shit a tool いい男

 


地球は青quarter


 

目薬 from 2nd floor

 


風が吹けば桶屋がbe happy

 


飛んで火に入ルSummer Night

 


能ある鷹はNailをin

 


開いたmouthがdon't close

 


蛇の道は heavy

 


後のcarnival

 


雨降って地 ALFEE

この記事の先頭へ▲

ネット忠臣蔵

お題ブログ:今年やり残したことはありませんか?

いよいよ今年も終わりですね。

年末といえば・・・忠臣蔵やろ!

 

君、歳いくやねん!? というツッコミはコッチ置いといて・・・

 

 

 

 

__ 松の廊下にて

 

 

 

「ほらほら、向こうから来るのが吉良殿でござる。
 礼儀にうるさい方なので丁重に御挨拶なされぃ。」

 

 


「吉良上野介様! お初にお目にかかります。
 赤穂の浅野と申します。」

 

 


「おぉ、これはこれは。 赤穂の若殿ですな。
 お若いのに なかなかの切れ者と お噂は かねがね。。
 
 ワシのような老人に声をかけて頂き恐縮でござる。」

 

 

 

「はっ、これから よろしく御願い申し上げまする。」

 

 

 

 

__ 浅野邸

 

 

 

「な〜んだ、思ったよりイイ人じゃん^^
 
 あ、そうそう吉良殿はハ○ゲでブログまで 
 やってるらしいから覗いてみよう。

 

 PC電源 オン・・・と。
 お、これだな。


 自分では老人とか言っといて若いんでないのww

 今日の江戸城の事が書いてあっぞ。
 ナニナニ・・・


 【松の廊下で会った 若いの】

 

 俺のことじゃん。」

 

 

 

 

『ふん! いちいち声かけんじゃねーよ!
 わざわざ聞かなくてもネットでググれば 即じゃん。

 俺の事‘吉良こうヅラの介’だってよ。
 最近の若い奴は失礼だよね〜(笑)』

 

 

 

 

 

__ 再び松の廊下

 

 


「吉良様! 私めは‘こうヅラの介様’などとは
 申しておりません。
 何か失礼が ございましたでしょうか?

 どうか直接 ご指南頂きたく存じます。」

 

 


「はて、何の事で ござろうか?」

 

 


「ハン○ブログを拝見させて頂きました。
 若いの とは私めの事ですよね。」

 

 


「ハ○ゲブログ・・・何の事やら?
 私のような年寄りには解りかねる言葉ですなぁ・・」

 

 

 

 

 

__ 浅野邸 PCの間

 

 

 

『ふん! 今日も今日とて例の若造。
 この私に トツトツとブログ談義。

 

 くぷぷw バカじゃなかろかww


 老人→パソ出来ない っていう固定観念にドップリ。

 若ぇくせに頭かてぇ〜な オイww


 こんなアホ藩主(言っちゃった 笑)の下で
 仕えてる藩士達、ごくろーさんww

 とりあえず 俺のこと年寄り扱いすんじゃねーよ!
 某浅野!(ありゃ、また言っちゃった 爆)』

 

 

 

 


「してねーじゃん! 年寄り扱い!
 ちきしょ・・・

 もうガマンなんねェ!
 アッチがネットでネチネチ攻撃してくんなら
 コッチも奴の日記にコメント入れてやる!」

 

 

 

 

『吉良殿
 尊厳かつ分別のある御方と御見受け申しましたが
 接見にては何も申されず
 後に御自身の日記でネチネチ。。。

 

 あまつさえ その日記では人の道を説いているので
 あるから笑止千万。

 明らかに拙者と分かる形でネット上で愚弄された以上
 このままでは済まされませぬ。

 

 いくら天下泰平の世とはいえ仮にも武士同士。
 今度、あいまみえる時には たとえ城中であろうとも
 一太刀浴びせられる事も覚悟されて頂きますよう。

                      浅野 』

 

 

 

 

 

「お聞きになられたか?
 浅野殿がネット上で誹謗中傷ならびに殺人予告をしたとかで
 切腹になり申したなぁ・・・」

 

 

 

「うむぅ、一国の主たる者がネットで命を絶たれるとは
 信じがたいことぞ。」

 

 

 

「それより気の毒なのは かようにクダらぬ事で
 藩主を失った赤穂の藩士達ですの。」

 

 

 

「城代の大石内蔵助は この仕打ちに どう動くか?」

 

 

 

「大石ほどの男なら何らかの考えがあるはず。
 このままでは済ますまいて・・・」

 

 

 

「大変でございます! その大石が早速、動きだしました。
 フォロー47人集めたそうに ございます!」

 

 

 

「なんやねん それwww」

 

 

 

「大石と浪士の面々は江戸のネット茶屋に入り浸ってる様子」

 

 

 

「ふむ、47人一斉に吉良の日記を
 炎上させる算段なのかも しれぬのぉ・・・」

 

 


「な〜んか 武士のやることとは思えませんなww」

 

 


「あの今、茶屋の様子を見てきたところ
 『お家、再興!』と叫んで気勢を上げており申した。」

 

 


「やはり大石は赤穂五万三千石の再興を
 画策しておる様子じゃな・・・」

 

 

 

 

 

 

__ ネット茶屋にて

 

 


「おのおの方 覚悟は よいか?

 この大石の呼びかけに集まってくれて
 まことに嬉しく思う。

 殿も城も失った今、我らも今後の身の振り方を
 考えねばならぬ・・・

 世間の奴らをアッと言わせるには 
 やはりコレでござろう・・・

 

 我ら47人でCDデビューして紅白出場じゃ!

 その名も AKR47(赤穂浪士47)ww

 デビュー曲は【討ちたかった】に決定ーwww

 

 

♪ 討ちたかった討ちたかった討ちたかったYes! 吉良を〜

 これで我らもスターの仲間入りじゃぁwww」

 

 

 

 

 

「Oh ! Yeah !  最高〜!」(お家 再興)wwww

 

 

 

 


AKR47(赤穂浪士47士)、選抜総選挙の模様をここ泉岳寺より生中継でお送りします!
 堀部安兵衛は果たしてセンターを死守できるのか!?
 総合プロデューサー・浅野内匠守さんをお迎えして全国にお送りしています!

 

 

 

 

 

   それでは 良いお年を^^

 

 


 

この記事の先頭へ▲

喪中・・・

お題ブログ:あなたの休日の過ごし方を教えて!

君のお父さんが亡くなったのを知った。

 

 

線香の香りが鼻腔を刺激する部屋で

 


ボクは 冷たくなった君のお父さんの顔を じっと見つめる。

 


白いフトンに寝かされ血の気の引いた青白い顔を凝視する。

 


しかし 涙は出てこない。

 


ボクは こんなにも冷たい人間だったのだろうか。

 


そう、思った。

 


しばらくすると部屋に眼を真っ赤にし 憔悴しっきた顔の 君が現れる。

 


「 うぅぅ・・ お父さん・・・・ どうして・・・ 」

 


フトンの横で 泣き崩れる君。

 


いいさ、今日は 思いっきり 泣きな・・・

 

 

君の慟哭に まわりの人達もすすり泣く。

 

 

お坊さんの読経の声が響く。

 

 

 

それから、君は 驚いたようにボクを見る。

 

 

そして こう言った。

 

 

 

 


「 あのぉ・・ 失礼ですが・・・  どちらさま? 」

 

 

 

 ・・・こうして ボクの休日は 終わりをつげる。

 


 

この記事の先頭へ▲

芸術の秋

お題ブログ:あなたにとって○○の秋と言えばどんな秋ですか?(●太郎珈琲●さんのお題)

ホンマに えらい事してくれはりましたな。

 

ク〇ネコヤマトの宅配便さん・・・

 

 

芸術の秋ということで映画鑑賞しようと思ってたのに


ようも まぁ、私の深夜のお楽しみを

 

見事に打ち砕いてくれはりましたわ。

 

 

 

午前中指定の荷物が来まへんがな。。。

 

あんたがたが配送ミスしたんでっか?

 

そりゃぁ この時期 いろんな配送で お忙しいのは分かりまっせ。

 

そやけど一体・・・

 

どないしたら奈良県と神奈川県を間違えるんでっか?

 

「奈」の一文字しか合うてないやないですか。

 

ホンマに びっくりするワ・・・

 

 

 

 

ク〇ネコさんには残念な出来事でしょうが私には もっとですワ。

 

遠足前のワクワク感、初デートの高揚感・・・

 

そのようなモノを一挙に奪われた気持ちですよ。

 

 


早く観たかったんですよ!

 

「兄嫁欲○日記 淫ら○性○ 〜こんな昼間から〜」 のDVD・・・

 


ま、そこは私もオトナですがな。 ガマンしますよ。

 

えぇ ガマンしますとも!

 

 

 


しかしね・・・

 

なにも今日、家族のいる時を見計らったように

 

配送してくることは ないんと ちゃうん?

 

 

 

 

「遅くなって申し訳ありません!

 

 『兄嫁○情日記 淫○な○活 〜こんな昼間から〜』のDVD

 

 お待たせいたしました。 代引きで 9800円で〜す!」

 

 

 

 

 

家族の前で そんな大声で言うんやないですよ!

 

バカなの?

  

アホなの? 

 

ハゲなの?

 

少しは空気読めば分かりそうなもんやろ?

 

 

 

ほらぁ・・・ 皆の凍りつくよな あの視線・・・

 

感じますやろ?

 

 

 

もうね、断固拒否ですよ。

 

私は知りまへん。

 

届け先の名前が私になってようが 知りまへん!

 

全身全霊をかけて 私のや無いです!

 

私は そんなモノ 頼んでませんから!

 

なんと言われようと 受け取れませんからぁ!

 

 

 


しぶしぶ やっと帰ってくれましたわな・・・

 

 

 


後で営業所まで取りに行きます。

 


ごめんね、 ク〇ネコさん・・・ 

 

この記事の先頭へ▲

急がば 回れ

お題ブログ:運動会、体育祭の思い出を教えて!

( あぁ、いったぁ・・・ チェッ、ウデ落ちたんかな・・・
 
 こんなユルヤカなコーナーで突っこむとは

 

 ノドを やられてしもたかな・・・ 声が出ぇへんぞ。

 

 あちこち折れたみたいやな・・・ どこも動かへん・・・

 

 けっこう ヤバイのかもしれんなぁ。

 

 そやけど意識が こんだけハッキリしてれば、頭は大丈夫という

 

 ことやから、2〜3ヶ月ぐらい入院すりゃあ 治るやろ。

 

 おっ! 誰か救急車を呼んでくれたみたいや。

 

 おーい、はよ助けてや〜 )

 

 


と、子供の運動会を見るために急いでいた男は
スリップ事故で 瀕死の重傷を負いながら思った。

 

 


( まぁな、運動会に遅れそうやからって 

 

 ちょっと スピード出しすぎたのかもなぁ。

 

 でも学生時代と違って さすがに社会人になると

 

 そうそうバイクを乗り回すことも できないしな・・

 

 こう季節が よくなると、若い頃を思い出してムズムズしてくるもんは

 

 抑えること 出来んわ。

 

 次の休みに遠出することを考えるだけで

 

 なんか気分が ごっつぅエェ感じになってくる。

 

 そのせいか、仕事に対するヤル気まで湧いて来るから

 

 不思議やね。

 

 その勢いに乗って取引先へ行ったのが間違いだったわけなんやが。

 

 だけど あそこの店長がこんなバイクを持ってたなんて、

 

 そっちのほうが不思議やわ。

 

 バイクの話を始めたときの店長の顔ったら もう・・・

 

 けっこう えぇヤツなんやと思ったで。

 

 その場で すぐ自慢のこのバイクを貸してくれたんやからな。

 

 あぁ、いくら急いでたって借りなきゃ事故らなかったんやけど、もう遅いわ。

 

 そやけど、だいぶ壊れたんやろうな・・・

 

 弁償費、なんぼくらいかなぁ・・

 

 ま、火が点かなかっただけでも ラッキーやと思わんとな。

 

 しかし 痛いなぁ、ホンマに もう・・・

 

 早く救急車 来いよ。 あっ、来た来た。 )

 

 

 

現れた救急隊員たちは 男を見て つぶやいた。

 

 

「 ひどいな、こりゃあ。 首がこっちに向いてしまってる。 」

 

 

「 かわいそうに、ちゃんと元に もどしといてやるか・・・ 」

 

 

 


( おい、おい なに言うとんじゃ!)

 

 

と 男は思ったが、次の瞬間 恐ろしいことに気が付いた。

 

 


そう、むかい風を防ぐため バイクに乗るとき

 

ジャケットを 前後、反対に着ていたのだった。

 

 


( おい、やめぇ! あっ、声が出ぇへんぞ。

 

  おい、こら!  あっ・・・ 手も 動かん、 うぅ ・・・・ )

 


   ゴキッ!

 

 


親切な救急隊員は 180度 曲がっていた被害者の首を

 

元どおりに 直した、  

 

 

と思った ・・・


 

この記事の先頭へ▲

ばぁ〜す

お名前メモする