すべての記事を表示

麻雀で勝つる為にC

自分が麻雀で勝つ為に意識してる事。
4つ目は「運」でしょうか。


昨日5連続TOPを達成しました。これは実力でしょうか?


そんなわけないですねw
基本運頼みのヘンテコオカルト麻雀なんで、【たまたま数日運に恵まれてた】ってだけです。



で、問題なのは、


【幸運がずーーーっと続く事は絶対に無い】


という事。



今後確実に運が悪くなるとは言えませんし、まだまだ勝ちが続く事もあるわけですが、
「降りてはツモられ、勝負しては振る」みたいな、
泣きたくなる状況に陥る可能性は十分あるわけです。



それが、麻雀の神様のせいなのか、はたまたプログラムのせいなのかは知りませんが、
そんな事はどーーーーーーでもいいのです。




ようは、与えられる運のままに「5連続勝ったー 5連続負けたー」じゃダメだって事。




運の良い時はいいんですよ。
着実に打てばある程度勝てるんですから。



大事なのは【不運な時を、いかに少ないダメージで切り抜けるか】



運やプログラムのせいにしてやる気を無くしてしまったらもったいないです。
4着になるくらいなら3着、あわよくば2着。辛抱強く足掻く。




麻雀は4人で行うゲームです。


黙ってたって誰かがアガります。
誰かが和了るってことは、誰かが振り込むって事です。(ツモもありますが)



どうしてもアガれそうに無い時は、ガードに徹しつつ、
どなたかに4着を【譲ってあげればいい】んです。

で、一度譲ったら4着が浮上するのを防ぐ。



私は 【落とし穴作戦】 と呼んでいます!


なんと意地の悪い作戦でしょうか! 相当ダメな作戦っぽい気がします!


※誰かをラスにしようと目の敵みたいにして打つと、逆に自分のツキを落としますので要注意

※【譲ってあげる】がポイントです。あくまで「穴は掘っても押さない」



まあ、ガードガードで面白くない部分もありますけどね。
でも、そこで得た3着や2着は、昨日の、もしくは明日のトップのプラスを守るものです。


【不運な時こそ頭を使え】

【頑張って自分の和了を目指す事だけが正解ではない】


こう、自分に言い聞かせて打ってます。

この記事の先頭へ▲

ようやく1級に

記念アイコン
  • 2016/04/21
  • 【麻雀】
  • 5連続トップ

なんか5連続トップだったようなので記念にブログw


丁度このトップで、1級になりましたッ!!



この後「段」になるのかな?


段位戦に参加してから1ヶ月・・・まだまだ先は長いなぁ・・・



勝率の方は、ここんとこ調子が良いんで「デキる子」っぽくなってますが、

まぁ、運が良かったんでしょう。



3級あたりで、槓!槓!槓!と、とんでもなくインフレする半荘が何度かありまして・・・

親リーかかってんのに明槓しまくりとかやめちくりーーー


「春のカン祭り」かっつーのっ!!


おかげ様で平均放銃点がだいぶ高くなってしまいましたよトホホ・・・



しかーし!

以前の自己分析でわかった「鳴き下手すぎ」を、随分と改善した為、

生活力はなんとか保たれているようです。




立直率はだいぶ減りましたが副露率を意識して増やしたんで、

和了率もあがり、その分ラスになるところを3着でこらえたって局が増えましたし、

最後の最後でトップまくられるって場面も減りました。


やっぱ鳴き下手は改善すべきですねぇ。

この記事の先頭へ▲

システム?

麻雀4にはなんだか怪しいシステムが存在する!


ってハナシをたまに聞きます。


いろいろ説があるようですが、

「勝ち役」と「負け役」が決まってる的な説が多いのかな?



うーん・・・オカルトちっくですねぇ。

興味深いですねぇ。



何でハンゲさんはわざわざそんな面倒なプログラムを作ったんだろう。


別にプログラムで勝ち負けを決めなくても、誰かが勝って誰かが負けるわけで、

ユーザーの役割をプログラムするメリットは、ハンゲさん側には無さそうなんですよねぇ。



もちろん、「初心者or新規を勝たせる」というプログラムであれば、

ハンゲさん側に「新規を引き込む」というのメリットが発生しそうですが・・・

維持できなきゃあんま意味なさそうですし、

自分は最初かなり負け先行で泣きそうだったし。


「10戦までの勝率の統計」とかがあれば分かるんですけどねえ。

その辺のデータを膨大に貯めこんでる人とかいませんかねぇ・・・



リアとは何か違う。うん。それはわかる。


何らかのシステムが存在する! として、

じゃあそのシステムを作るメリットって何だろう?


と思うわけです。



ぶっちゃけ、「システム」なんかよりも、「周りの打ち手の違い」や「失うものの少なさ」の方が、

遥かに大きく結果に影響してるんじゃないかなーって思ってしまいます。

この記事の先頭へ▲

麻雀で勝つる為にB

自分が麻雀で勝つ為に意識してる事。

3つ目は、リスク リターン でしょうか。



麻雀はギャンブルである以上、常にリスクが付きまといます。

【いかにリスクと向き合うか】 これが大切だと思ってます。




「じゃんけんしよう! 君が勝ったら千円あげるよ^^ 僕が勝ったら1万ちょうだい。」


例えばこんな賭けを持ちかけられたら・・・

普通は乗りませんよねw
一回だけなら勝って千円もあり得ますが、やればやるほど損しますTT



麻雀も同じだと思うんですよね。



自分の手が1,000点で 相手の手が満貫。
こんなリスクはできる限り避けたいし、
逆に自分の手が満確なら ある程度のリスクは背負ってナンボ でしょう。



リスクを恐れていたら何もできません。
でも、リスクを軽視したら結局勝てない 思うわけです。




攻めるべきは 「ローリスク・ハイリターン」 の時であり、

いかにその状況を作り出すか。


守るべきは 「ハイリスク・ローリターン」 の時であり、
いかにその状況をしのぐか。




もちろん、高いリスクを背負ってでも、「1,000点のアガリ」 が必要な場面も多々あります。
リターンは点棒上の事だけではありませんからねえ。
「無謀な打牌が良い結果を引き寄せた!」な〜んて事もありますし。




それでも上級者さん達は、リスクとリターンをきちんと把握し

「攻め時」 と 「守り時」 を 心得て打ってるんじゃないかなぁ。


と思うわけですよ。



ですから常に自問自答ですね。



今突っ張っている手は、本当にリスクに見合っているか。

今手にかけている牌は、ただリスクから逃げるだけの一打ではないか。



と。

この記事の先頭へ▲

麻雀で勝つる為にA

前回分

http://blog.hangame.co.jp/T506566934/article/42891827/


では、この【生活力】(笑)を上げるためにはどうすればいいか。



まず【収入】の方は、和了率と平均和了点を掛け算するので、

欲を言えば両方高くしたいわけですが・・・そんなにうまくいくわけもなく・・・



そんじゃ、いっその事、【どっちか】でいいんじゃん!



つまり、

和了率は多少低くても、でかい一発を当てる。 【一撃必殺型】

もしくは、一発一発は小さくても、沢山アガる。 【手数重視型】



「全然勝てねwww」と言う人は、どっちかに絞った戦術で戦うのがいいんじゃないかなっと。


(ちなみに初心者さんへのお奨めは一撃必殺型です。理由は後述もしくは後日w)




でも、【支出】も抑えないと意味が無いTT

稼いだそばから浪費してちゃ貯まるわけがないですもんねw


こちらは【まったく放銃しない】が最も良いわけです。

が、もちろんそんな事は難しいですし、

特に駆け出しの人にとっては不可能な事です。



でも、支出は放銃率と放縦点の掛け算なので・・・


【放銃率】を下げるのが難しいなら、【放銃点】を下げればいいじゃん!


と考えてみるわけです。



つまり、

できる限り振らない、【超回避型】が難しいなら、

多少の被弾は覚悟して致命傷だけは避ける、 【重戦士型】 でも良いわけです。




自分は【一撃必殺の重戦士型】という戦術をとっています。(理由は後日)

初心者さんとか駆け出しさんにはお奨めです。


一番まずいのは、一発一発が小さい上に、あまりアガれず、回避も出来ずにどんどん削られる。

勝率が低く副露率がかなり高い人は、大抵こうなってしまってるんじゃないかなぁ。




鳴き麻雀は強いんですけどね。

いくら手数が多くても、パンチ軽すぎで被弾しまくるなら、絶対に勝てません。


【収入】より【支出】が多くなってる人は、

自分の戦術を一度見なおしてみるといいんじゃないかなっと。

この記事の先頭へ▲

かラし

お名前メモする