katzun1815のブログ

新しいブログを立ち上げるより 過去のブログに今の心境をコメントとして書き込んでいます・・・!!

2017年03月21日の記事

同窓会名簿から抹消・・・わけ??

お題ブログ:同窓会 行く?行かない?(黒【dc】さんのお題)

同窓会に行くべきか行かざるべきか そこが 問題だ・・なんて事は無い
問題は 行ったが帰って来れない事態になりやしないか と・・心配??笑い
そぅ 首都圏で地震が起きて帰省困難・・に そういう 妄想はさて置き 
妄想から空想へStep Up ・・・『 ヒトラーVSシュタイナー 』の始まり

・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・

悪魔の独裁者ヒトラーが最も恐れた予言者がいた。
その名も、ルドルフ・シュタイナー

 彼は、1861年、オーストリア帝国(現クロアチア)に生を受けた。

シュタイナーは幼い頃から、心霊現象など不思議な神秘体験を繰り返していたが、

彼はそのことをひた隠しにし、学問に打ち込んでいた。だが一方で、霊能力は人間

誰しもが持っているものだと直感し、霊的なことについては独自に研究を進めていた

という変わった尾人間だ。

幼いころから天才として謳われるほどの頭脳をもちあわせたシュタイナーは、思想家・哲学者・神秘思想家などさまざまな肩書をもっていた。だが、日本では教育者として有名で、「シュタイナー教育」として認知されている。

その学校では、教科書もテストもなく、競うことをせず、ひたすら感受性を豊かに磨くことを重視した教育を行っているといわれている。シュタイナーは、「人類は霊的に高次元に進化していくことが存在理由だ」と述べており、それが教育にも反映されているようだ。

個性的な教育方法で知られるシュタイナー教育を教える学校は、全世界に広がりを見せ、現在では1000校を超えているという。シュタイナーの思想は時代を超えて、人間形成の根幹となる教育にまで影響を及ぼしているのだ。

そんなシュタイナーは、20歳の若さでドイツの作家ゲーテの神秘的な思想に興味を抱き、研究の第一人者となる。20世紀に入ってからマダム・ブラヴァツキーが設立した神秘主義を追求する団体「神智学協会」に所属し、41歳でドイツ支部を任されることになる。しかしその後、方向性の違いから「神智学協会」を脱会し、自ら「アントロポゾフィー協会(人智学協会)」を立ち上げた。


実はシュタイナーは、ヒトラーやナチスがまだ無名の頃からその危険性を指摘していたといわれている。

「彼らが大きな力を持つとヨーロッパに大変な不幸をもたらす」と予言していたのだ。そして、シュタイナーの予言通り、ヒトラーは独裁者となり、第二次世界大戦の火蓋が切られたのだった。

ヒトラーは、シュタイナーの優れた知性やカリスマ性だけでなく霊的な能力をも恐れ、演説の場でも名指しで批判。思想的にも、アーリア人の優位性を唱え選民意識を煽るヒトラーと、シュタイナーの「誰でも修行により霊的に向上する」という考えは相容れないものであった。

 それはオカルト面においても同じく、悪魔的オカルティストのヒトラーにとって、平和的名シュタイナーの神秘主義は相容れないものだったのだ。

 実はヒトラーは、シュタイナーの暗殺指令を密かに出していたといわれている。事実、シュタイナーは、熱狂的なナチス支持者により協会の建物に放火されたり、ミュンヘンの駅構内で銃撃されたりしたのだ。そして、最終的にシュタイナーは、原因不明の発作を起こし倒れると、徐々に衰弱して死に至った。1925年3月、64歳のことであった。この死をめぐっては、食べ物に毒を盛られたという説もある。そして、シュタイナーの死から約8年後の1933年に、ヒトラー政権が誕生した。

■「アカシック・レコード」

 巨大な宇宙のデータバンク「アカシック・レコード」というものが存在しているという。ここには、過去・現在・未来に至るまで、宇宙で起こった出来事のすべてが記録されているのだ。シュタイナーはこの「アカシック・レコード」にアクセスして地球と人類の未来をはるかかなた、数百億年先まで知ることができたという。

 シュタイナーは、このような予言をしている。

・1920年の段階で、共産主義が70年間存続すると予言
1971年のロシア革命によりソビエト社会主義共和国連邦となった。それから、1991年に崩壊して現ロシア連邦になるまでの約70年間、共産主義が続いたのである。

・1923年の時、「もし牛が直接牛肉を食べるならその牛は狂うだろう」と予言
これは、1980年代にイギリスで発生して以来、未だに不安が拭えない狂牛病のことだ。

        
■日本は世界の頂点 2000年代に暗黒邪神が降臨

 シュタイナーは、人類に起こる恐るべき災いについても予言している。

・2000年に入ると暗黒邪神が降臨し、人間の成長を妨げ、

大きな厄災をもたらすと予言

わしは 不死身だ・・・・とも  (笑)
 暗黒邪神とは、ゾロアスター教の邪神アーリマンのことであり、キリスト教の悪魔やサタンの原型となったと言われる。アーリマンは、すべての悪を司る存在。シュタイナーはこの暗黒邪神アーリマンが人間の姿となって、この世に現れると予言している。

ということは、今現在、暗黒邪神アーリマンが人間の姿をして世界を牛耳っている

可能性がある。

         爺ちゃん 元気にしてる??

・地球の構造は、四面体でできている

 シュタイナーの考えでは、地球は、三角形が4つでできた四面体のピラミッド形が原型となっているという。そのピラミッドの平面が湾曲すれば、球体の地球になるそうだ。

 シュタイナーによれば、地球ピラミッドの底面の三角形の角には、中央アメリカ、南極、コーカサスがあり、底面には、アフリカ、南米、大西洋の南部全体があるという。そして、地球ピラミッドの頂点は、何と日本になるというのだ。地球ピラミッドの頂点に君臨する日本は、まさに世界の雛形と言えるだろう。つまり、すべてが日本からまず始まるのである。……ということは滅亡も日本から始まるに違いない

                
■サタンは地震・火山噴火・洪水を引き起こす

 シュタイナーによれば、その後、ルシファーが雨風を支配し、サタンは地震・火山噴火・洪水を引き起こすのだという。悪の総元締めである暗黒邪神アーリマンの降臨により、ルシファーとサタンが大暴れをして人類を混乱の渦に巻き込むのだ。

 その時、頂点である日本は、悪魔たちの格好の攻撃対象となる。

 日本はかつてない巨大地震や火山噴火などありとあらゆる災害に見舞われ、やがてその衝撃は世界へと広がっていく……そんな恐ろしい終末は、もう目の前まで来ているのかもしれない


・・・・・・・・・・夢でありますように・・・・・・・・・・

2016/4/14
八木山動物から 脱走した チンパンジーの『チャチャ君』






この記事の先頭へ▲

katzun1815

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico