アルテイルネットの記事

LH ザルファイル1P目

1P目 目次

1. はじめに(コメントしてほしい点)

2. ザルグールファイル

  2-1.ザルグールファイルの特徴

  2-2.詳しい動かし方

 -------------------------------------

2P目 続き 

  2-3.欲しいカードや入れたいカード

  2-4.課題と苦手な相手

3. 次のファイル予定

 

1. はじめに(コメントしてほしい点)

今回かなりの量の記事になってしまったため、目次を作りました

また文字数の関係で2枚書いてありますので続きは一番↓から見てください。

さんにコメントしてもらいたいのは以下の点です。

@LHで面白いと思ったカードの組み合わせ。または、自分が思いついたコンボの組み合わせ。

(サポートやエリア召喚を加えたコンボの場合詳しく書いて頂ければ嬉しいです。)

例 フェティス+勝利エリアに火竜で相手の手札から全グリモア墓地送り

   勝利or敗北エリアにステータスが高い竜族置かれてる時にレレイウヴァッサーで〆 等

(竜族デッキなら普通に見かけるコンボかもしれませんが・・・)

A2-1の記事の.現在のファイルの詳細のダメだし。

例 黒竜の騎士『ミリア』 はこのファイルなら1枚ではなく2枚入れたほうがいい 等

B「キーカード対策になるカードでなおかつコンボやデッキの回りにも使えるカード」

という文が2-3の一番最後にあるのでもしよかったらそちらまで見ていってください。

C次のファイル作成に当たって使ってほしいカード。

例 コアトルを入れたファイルを作ってほしい 等

 

@〜Cまで、1つからでもいいのでよろしければコメント下さい。

皆さんのコメントも参考にしながら頻繁に更新していく予定です。

2. ザルグールファイル

思考錯誤の末現在出来上がったザルグールファイルの詳細を書いていきます。

2-1.ザルグールファイルの特徴

ザルグールファイル〔以降は『ザルファイル』と略記〕は、奈落の欠片『ザルグール』〔以降は『ザル』と略記〕

を主体としたファイルです。(メインカードの奈落の欠片『ザルグール』の能力は下記の通りです)

奈落の欠片『ザルグール』

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=377

 

@奈落の軍団から条件に合ったカードを後出し召喚出来る。

A墓地にローティアのカードが5枚以上なくても、歪んだ女神官歪み触れた神官

  敗北エリアに置かれていれば手札から奈落の軍団の全てのユニット

  後出しすることが出来る。

B〜? 更新しながら徐々に書いていきます。

ざっとこんな感じです。@から順に説明します

 

@奈落の軍団から条件に合ったカードを後出し召喚出来る。

有名なコンボでは歪んだ女神官〔以降は『歪女』と略記〕と歪み触れた神官〔以降は『歪男』と明記〕

〔以降は2種類合わせて『2種類の歪み神官』と略記〕を使ったコンボがあります。

歪んだ女神官 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=385

歪み触れた神官 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=388

 

どちらのカードもオープンと敗北エリアに置かれているとき発動します。オープンスキルの能力は、

歪女が相手の手札1枚ランダム墓地、歪男が相手のSP1削りになってます。

また、敗北エリアの能力もそれぞれ少し違うので軽く説明を。

まずは歪女から。このファイルの要であるザル手札から直接ユニットとして召喚することが出来ません。

ザルを召喚する方法の一つは、

墓地にローティア5枚以上あるときに、歪女敗北エリアスキルの効果によって、

山札からAT100以上の奈落の軍団のカードをランダムに勝利エリアに置きます

奈落の軍団のAT100以上のユニットで現在販売されているカードはザルのみなので、

山札にザルがあれば山札→勝利エリア→ユニットとしてザルを確実に召喚することが出来ます。

ザルのステータスはHP100,AT100,AGI3なので俗にいう230点ユニットであり、

高いステータスの上にサポート援護も乗るので相手が非優勢ならば大抵のカードに勝てます。

勝てば相手の手札を全て覗き見した後、相手の山札の上に1枚カードを戻せます。

手札を全て覗くことによって次の相手の手が読みやすくなり勝つ確率があがるので、

この効果は相当強いです。実質覗き見のおかげで勝てた試合が何試合もありました。

このファイルにはATもしくはHP援護カードが6枚入ってます。

これらのカードは援護カードとして使えるだけではなく様々な用途があるため採用しました。

月公国の精神兵団×3枚 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=143

水の精霊×3枚 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=97

 

一方の歪男は、墓地にローティア5枚以上あるときに、歪男の敗北エリアスキルからの効果によって、

山札からHP10以下の奈落の軍団のカードを1枚選択して勝利エリアに置きます。

奈落の軍団のHP10以下のユニットで現在販売されているカードは、殺人兵器『ラ・ボォ』

〔以降は『ラ・ボォ』と略記〕と、の鏡『エイジス』〔以降は『エイジス』と略記〕2種類のみ。

つまり、山札からこれらを1枚選択して山札→勝利エリア→ユニットとして確実に召喚することが出来ます。

どちらも状況に応じて後出しできるとなるととても強いのですが、

今回ラ・ボォエイジスはデッキに入れてません。理由は後述。

殺人兵器『ラ・ボォ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=30
の鏡『エイジス』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=225

 

ちなみに上記で説明した2種類の歪み神官は2度修正されています。

修正前の2種類の歪み神官はAT100以上ランダムやHP10以下から選択という条件ではなく、

墓地にローティアのカードが5枚以上あれば奈落の軍団のカードなら何でも入替対象の選択が任意で

可能だったため、奈落の軍団のカードであればどのユニットも選択して出すことが可能でした。 

奈落の軍団のカードは現在31種類ありそれらのカードがデッキに1枚でもあれば全て任意で後出し可能、

中でも強いと思ったカードは死の踊り子『レレイウ』です。

死の踊り子『レレイウ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=285

 

ゲームの終盤なら墓地にカード12枚貯めることは容易であり、相手のLPが残り2以下ならばいつでも自分の

好きな時に後出しでLP2削りを行えるという状態を保てることで、相手の手札選択の幅を狭めることが出来る

というのは相当強いと思います。

修正前の戦術では、確実に勝てる場合は死の踊り子『レレイウ』を選択してLP2削り、勝てない場合は

他の奈落の軍団を選択し、勝てる場合は状況に応じて他の奈落の軍団のユニットを選択する。

具体的には上記に出ていたザルラ・ボォそれ以外では混沌の美女『アンナローゼ』や、

最悪の剣士『アフィール』〔以降は『アフィール』と略記〕等が挙げられます。

混沌の美女『アンナローゼ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=28

最悪の剣士『アフィール』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=378

 

このように状況に応じて選べたためかなり凶悪でした。

しかし、修正が重なり現在ではAT100以上もしくはHP10以下と条件がすごく厳しくなりました。

また敗北エリアスキルの条件として墓地にローティアが5枚以上は修正前からあり、

これがなかなか厳しい条件で、墓地肥やしがうまく出来るファイルでも2種類の歪み神官

敗北エリアの効果からの山札召喚能力を発揮し出すは、どうしても中盤から終盤になってしまいます。

またその間、2種類の歪み神官が手札に複数来たり、事故率がとても高くうまく回すことが困難でした。

 

A墓地にローティアのカードが5枚以上なくても、歪んだ女神官歪み触れた神官

  敗北エリアに置かれていれば手札から奈落の軍団の全てのユニット

  後出しすることが出来る。

実は敗北エリア条件の墓地にローティアのカードが5枚以上の条件を満たしていない時でも、奈落の軍団

全てのユニットを対象として召喚することが出来ます。ある種の抜け道的な方法になります。

[抜け道的方法]

@ 敗北エリアにどちらか歪み神官がいるときで墓地にローティアのカードが5枚以上ないとき

  何らかの方法で直接勝利エリアに奈落の軍団のユニットを置く

A 勝利エリアに奈落の軍団のユニットがいるときで墓地にローティアのカードが5枚以上ないとき

   何らかの方法で直接敗北エリアにどちらか歪み神官を置く。

この2つが抜け道的な方法となります。2種類の歪み神官の敗北エリアスキルのテキストを読むとどちらも

2つの敗北エリアスキルを持っています。

 

@発動条件:プレイヤーの[墓地]の[神族:ローティア]のカード枚数が5枚以上のとき

[歪んだ女神官の場合]

プレイヤーの[山札]から[カードタイプ:奈落の軍団]/[AT100以上]のカードを1枚[勝利エリア]に置く。

(つまり対象は奈落の欠片『ザルグール』のみということ)

[歪み触れた神官の場合]

プレイヤーの[山札]から[カードタイプ:奈落の軍団]/[HP10以下]のカードを1枚選び[勝利エリア]に置く。

(つまり対象はラ・ボォエイジスのみということ)

1つ目の敗北エリアスキルによって先述したデッキから勝利エリアに置く効果がまず先に発動します。

A発動条件:プレイヤーの[勝利エリア]に[カードタイプ:奈落の軍団]のカードがあるとき

  自分ユニットと[勝利エリア]のカードを[入替]する

となっています。スキルの順番は@→Aとなっており、仮に@の条件を満たしていない場合、

山札から奈落の軍団を呼ぶことはできませんが、敗北エリアスキルが発動する前に

勝利エリアに奈落の軍団のカードが置かれてれば、

Aの条件を満たしたことになり、墓地にローティアのカードが5枚以上なくても、

全ての奈落の軍団のユニットを勝利エリアからユニットとして出すことが出来るということです。

 

敗北エリアスキルが発動する前に何らかの方法で勝利エリアに奈落の軍団のユニットを置く

ことができるカードは以下のカードがあります。                 (他にもまだあるかもしれません。)

人魚族の魔術師『フェティス』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=409

少女銃使い『ユーニ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=153
魔獣王『リヴェイラ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=392←(条件 残り山札が10枚以下の時)

二刀流『桜』or騎士隊長『リドレーア』or太陽王国の式典兵or未来視『シリーン』禁断の書

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=394

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=364

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=451

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=2395

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=411

 

敗北エリアにどちらか歪み神官を置くことができるカードは以下のカードがあります。

    (他にもまだあるかもしれません。)

黒竜の騎士『ミリア』  ttp://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=127

深遠の道化師『ガーディア』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=1061←(ランダム)

深遠の策士『ガルディレア』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=486

破界の聖騎士『ディストリア』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=3041

↑(条件 残り山札が10枚以下の時)

指揮官『スカーレット・ローズ』禁断の書
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=380

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=1116
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=411

 

これらのカードに共通して言えることは、全て自分が選択してエリアに置けるカードであるということです。

(深遠の道化師『ガーディア』は除く)

2-2.詳しい動かし方

上記が出来上がったザルグールファイルです。左上から順に@〜Qまでのカードが入ってます。

個々の能力が分からない方は下のを参考にしてください。以下箇条書きです。

@奈落の欠片『ザルグール』〔以降は『ザル』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=377

A最悪の剣士『アフィール』〔以降は『アフィール』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=378

B歪んだ女神官〔以降は『歪女』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=385

C歪み触れた神官〔以降は『歪男』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=388

D黒竜の騎士『ミリア』 〔以降は『ミリア』と略記〕
ttp://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=127

E月公国の精神兵団〔以降は『精神兵団』と略記〕
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=143

F月公国の銃兵〔以降は『銃兵』と略記〕
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=3020

G月公国の弓兵EX〔以降は『弓兵EX』と略記〕
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=2974

H修羅の母心『カーリ』〔以降は『カーリ』と略記〕
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=2417

I騎士を目指す青年〔以降は『騎士青年』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=249

J森に潜む巨大な身体〔以降は『巨大森』と略記〕
ttp://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=310

K火竜
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=158

L根絶巨帝『ベルン』〔以降は『ベルン』と略記〕
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=4085

M水の精霊
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=97

N人魚族の魔術師『フェティス』〔以降は『フェティス』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=409

O深遠の策士『ガルディレア』〔以降は『ガルディレア』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=486

P白鳥の剣士『アルナ』〔以降は『アルナ』と略記〕
ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=178

Q
聖域の騎士『サージス』〔以降は『サージス』と略記〕

ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=363

 

@序盤

基本的に勝負を勝ちに行こうとしない。

精神兵団で山札圧縮&サーチをする。

 1つ目の効果で精神兵団を墓地に送り、2つ目の効果で精神兵団を手札に加え、次のターンも山札圧縮&

 サーチを図る。(場合によっては最初に月公国の銃兵月公国の弓兵EXをサーチすることもある。)

 精神兵団を2連続で出せばエリアと墓地合わせてローティアのカードが4枚になり、後1枚墓地に送れば、

 ガルディレアミリアから歪女敗北エリアに置きザルを山札から召喚することが出来る。

 序盤からザルで勝利すれば覗き見で、早い内に相手の手が分かり読みが容易になる。

ガルディレア水の精霊を敗北エリアに置くことで3枚ドローを図る。

精神兵団ガルディレアが手札になければ、水の精霊を出すこともある。

・手札にザル、どちらかの歪み神官フェティスの3枚があり歪み神官を出して負けた場合は、次のターンに

 フェティスを出しザルを勝利エリアに配置し、墓地にローティアのカードが5枚以下でも踏み倒し召喚で

 ザルを出し覗き見を狙っていく。ザルが勝利し勝利エリアに置かれた時の手札にガルディレアミリアと、

 どちらかの歪み神官があれば再度ザルで勝ちを狙っていく。

 (火竜巨大森ベルンのエリア発動は、その時その時の状況に応じて出す。)

 ただし、序盤にザルで勝ちを狙いに行く場合は低SPでは狙わない。

 

A中盤

序盤の戦法+覗き見、勝ちを狙いにいく。

ガルディレアミリアアフィール敗北エリアに置き相手の手札を覗き見る。

カーリをユニットとして出し、次のターンにローティアのカードのユニットを出すことで、このデッキの後半

 切札であるアルナをサーチ、またはミリアで敗北エリアにカーリを置き、ターン内にアルナをサーチする。

・高SP時、勝利エリアもしくは敗北エリアにザルが置かれてる場合騎士青年を出す。

・エリアに厄介なエリアスキル持ってるユニットが出たら銃兵を出す。

 

B後半

序盤から中盤までの戦法(一部は除く)+勝ち&引き分けを狙いにいく。

・青優勢時、手札9枚以上のときアルナ+水の精霊で勝ちを狙う。

 勝利時山札にザルが1枚も無いときザル1枚〜2枚選択して戻す。

・相手の墓地が10枚、12枚以上のとき弓兵EXを出し墓地対策をする。

・敗北エリアに歪女が置かれており山札にザルがあるときサージスを出し

 相手のLv4以下の能力消し+ザル召喚を狙う

 

動かし方は相手の状況にもよるけれど、大体の流れを書きました。

デッキの枠が30枚なので結構カードがきつきつになっています。

しかも他にも入れたいカードがいっぱいあったのでもっといいデッキの作り方があるかもしれません。

文字数の関係で続きは2P目へ↓

ttp://blog.hangame.co.jp/L889721103/article/41818488/

この記事の先頭へ▲

LH ザルファイル2P目

2-3.欲しいカードや入れたいカード

ちなみに持ってないけど欲しいカードもあり、一番目と二番目に関しては手に入ったらすぐ入れる予定です。

一番目に欲しいのは奈落の馬騎士『ディカール』月公国の将軍のカードなので精神兵団でもカーリでもサーチが可能でLP2削りが出来るカードです。

仮に手に入った場合即入れますが、このデッキには既にアルナが入っているためカーリのサーチに、

対象のカードが増えるため、アルナを抜くかそれとも他のカードを抜くか考えなければいけません。

 

二番目に欲しいのは少女銃使い『ユーニ』。墓地にローティアのカードが5枚以上無くても、

敗北エリアに歪み神官が置かれているときザルを選択して勝利エリアに置くことでザル召喚したり、

手札にザル騎士青年があれば、援護で騎士青年をつけザルを選択して勝利エリアに置けば

非優勢でもHP100,AT100,AGI5,先行持ちになります。

仮に手に入った場合入れるなら、フェティスを1枚抜いて少女銃使い『ユーニ』を1枚入れるのが

いいかもしれません。

 

三番目に欲しいのは竜皇帝『レグライ』フェティスでの後出しカードの候補1枚になり、

Lv3以下のユニットを強制返却出来るため1枚は入れておきたいカード。

しかし、二番目に欲しい少女銃使い『ユーニ』では出せないため、このカードをデッキに1枚入れるならば

少女銃使い『ユーニ』は入れずに、フェティスを2枚で使うカードになると思います。

 

四番目に欲しいのは混沌の三銃士『ノゼ』。このカードは奈落の軍団なので、敗北エリアに歪み神官

かれているときに、フェティスで後出しで勝利エリアに置くことで、ユニットとして出すことも出来るカード。

アタック発動の対戦ユニットをHP=0というのも強力だけど、相手の手札からHP30以下のユニットカードを

ランダムで3枚墓地に送るという効果がすごく強い。

魅力的で手出しも出来るけどLv7なのですごく重たいのと、相手がノーセットの場合や

アタック発動が発動する前に倒される場合無意味になってしまうのが厳しいです。

 

五番目に欲しいのは魔獣兵『ベロス』。勝利時と敗北エリアで相手の手札のリフェスのカードを覗き見ることが

出来て、1枚墓地に送ることが出来るのは脅威だと思います。

ただ、このデッキでは敗北エリアだけで見れば上位互換であるアフィールがあるので入ることはなさそう。

 

奈落の馬騎士『ディカール』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=27

少女銃使い『ユーニ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=153

竜皇帝『レグライ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=175

混沌の三銃士『ノゼ』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=1116

魔獣兵『ベロス』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=284

 

また下のカードは以前からあるコンボや自分が思いついた限りのザルファイルに使えそうなカードと、

そのカードと相性がよく、またザルにも相性がよさそうなカードを1枚ずつ並べた物です。

かなりのカード枚数になっているのでまた別の記事で詳しく書いてみようと思います。

2-4.課題と苦手な相手

今のままだと、色々と問題があります。

ザルファイルはどうしてもローティアのカードが多く入るため、ローティアの特性であるSP削りや手札破壊等

どの部分を強めたデッキにするのか?という問題があります。具体的には、ローティアには相手の嫌がらせ

をすることが出来るカードが多いので、SP削りを強めたザルファイルにするのか、手札破壊を強めた

ザルファイルにするのか等、デッキの方向性によっては中身がかなり変わりそうです。

今回は覗き見を兼ね備えたザルファイルを考えました。

このデッキにおける覗き見が出来るカードは、ザルの勝利時スキルと、アフィールの敗北エリアスキルの2つ

主です。ザルが3枚、アフィールが2枚しか入ってないのでかなり少なく感じるかもしれませんが、

後出しで出せるためうまく機能しています。

覗き見をすれば相手のデッキに入ってそうなカードが予想出来、カードランキングに

乗ってるような流行りのカード、または、どのデッキにも入っていそうなカードに対して、

「キーカード対策になるカードでなおかつコンボやデッキの回りにも使えるカード」

ことが重要だと思い、事前にある程度対処できそうなカードを入れておきサーチで引けるようにしています

ちょっと言ってることが良くわからないと思うので具体例を挙げてみます。

 

このデッキには〜〜

 

ザルファイルの苦手なファイルとカードは結構あり、思いつく限りで下の数だけありました。

 

[ザルファイルの苦手なファイル]

延命/ガン攻め/デッキ破壊/手札破壊/バーン/傭兵王国 

 

[ザルファイルの苦手なカード]

傭兵王国の銃士隊 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=1101

分解 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=317

返却 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=99

解呪 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=7

初代教皇『アベル』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=3

聖域の騎士『サージス』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=363
デスブリンガー・エンジェル ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=2245
魔獣兵『オートス』 ttps://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=269

 

具体例として、ザルファイルは敗北エリアを主に使うのでそれを封じられるカードを挙げて説明します。

例えば相手が傭兵王国デッキの場合、傭兵王国の銃士隊が弱点になっています。

傭兵王国デッキも後出しで手札から任意の傭兵王国のカードを勝利エリアに置けるのでこちらの

敗北エリアスキルをいつでも消せるからです。またスキルの発動順番として、お互いの敗北エリアスキル

よりも、先にお互いの勝利エリアスキルが発動するため確実に敗北エリアスキルが消されてしまいます。

その他にも、どのデッキにも入っている可能性のある有名なカードとして

解呪初代教皇『アベル』が弱点になっています。

 

このデッキではそういったカードを防げるカードがないため現在の一番の課題となっています。

対策用のカードでなおかつコンボにも出来そうなカードが何かないのか一番今考えています。

例として、エリア破壊を挙げましたがそれ以外にも返却や強制墓地回収や効果無効等の弱点があります。

デッキの枠が30枚なのでどうしても全てを対策することは無理だと思いますが、コンボにも繋げられて対策

出来るカードを1枚でも見つけたいと思い一番最初のBで書かせていただきました。

難しい質問だとは思いますが、何か案がありましたら是非ともコメントお願いします。

 

3.次のファイル予定

一段落着いたらまた新しいデッキも取り組んでみたいと思っています。

ちなみに次のデッキで何を作るのかはもう決まってます。

他にもこのカードを使ったファイルを作って欲しいという意見ありましたらコメント下さい。

面白そうなカードならば次の次のファイル作成に使用します。



この記事の先頭へ▲

LH Lv41〜45 UP記念

----------------レベル41のプレゼント----------------

左から所持枚数 0枚 0枚 3枚 0枚

なので、確定。能力は

白のアイネアス真教のカードが手札にあればアタック発動で、

相手の手札1枚山札に戻せる。

勝利時アイアネスを含むカードを1枚選び手札に加える。

黒のトリートは手札にのカードあればSP1増やす。

エリア発動でHP+10と山札からキャスタリアのカードを

ランダムで1枚選び手札に加える。

青のルイーズは援護でHP+20/AT+20。

エリア発動でユニットが魔法王国ならHP+20/AT+10/SP1増やし、

エリアのこのカードを山札に戻す。

勝利時ルイーズを含むカードを1枚選び手札に加える。

 

今回は青のルイーズを選びました。

理由としては、まず黒のトリートは3枚欲しいカードであり、1枚

手に入れても後々3枚集めなければ意味がないので外しました。

次に白のアイネアスは、対となるもう1枚の白のアイネアス

所持枚数が0枚でなおかつあまり魅力を感じなかったからです。

対して青のルイーズは、対となるもう1枚の青のルイーズ

1枚所持していることと、魔法王国を主体としたデッキならば

活躍できると思ったからです。 

----------------レベル42のプレゼント----------------


左から所持枚数 0枚 3 3枚 1枚

なので、確定。能力は



 

白のアイネアスはLv41アップカードにも出てきた対のカード

青のリュウカは後出しで竜族と交代できるカード

今回は青のリュウカを選びました。

竜族ファイル作るときにあると選択の幅が広がるネ

 

----------------レベル43のプレゼント----------------


左から所持枚数 0枚 0 1枚 3枚

なので、確定。能力は

白のエイルはキャスタリアデッキに1枚は入れておきたいカード。

不死・霊体メタカードになっていてライラを倒せるのは

強い

黒の魂の帰還はアタック出来て敗北出来たときは凄い。

ただLv4のカードだから敗北スキル発動しないと結構重たい。

でも十分強いと思う。

赤のディラートはLv39UPしたときにもらったカード(↓その時の日記)

ttp://blog.hangame.co.jp/L889721103/article/41806289/

ザルファイルには入れなかったけど、改めて能力見てもやっぱり

強い

 

今回は白のエイルを選びました。

理由としては、ディバイングリモワールのカードはあまり持って

ないですが、いずれ作るときに必ず1枚は入れておきたい

カードになるからです。


----------------レベル44のプレゼント----------------


左から所持枚数 2 1 0枚 3枚

なので、確定。能力は 


白の魔人の手は相手が非優勢ならHP=0にするカード。

強いけど最近のアリーナの環境はHPを回復する援護が多くて

負けることが多い。

黒のラスティリアは相手のサポートに、

SP3以上回復するオープンスキルを持ってるグリモアカードの時

相手のSPを4減らし相手の手札も1枚ランダム墓地送り

勝利時墓地からローティアのグリモアカード1枚手札に加える

相手依存のカードがネックだけど十分

強い

赤のテレーザはオープンでHP-相手のLv×10と

勝利時に山札からテレーザを加える効果。

HP-系は現在の環境では、魔人の手と同じで正直微妙

 

今回は消去法で黒のラスティリアを選びました。

 

 ----------------レベル45のプレゼント----------------

左から所持枚数 2 2 2 2なので、能力次第 


白のエセルバードは因果軍専用のドロー促進カード。

因果軍作るなら3枚あるといいかも?

黒のアフィールはアタック発動も強いけど真価を発揮するのは

敗北エリアでの相手の手札全て覗き見た後に選択して手札を

捨てるという効果。

強い

赤のラスフィールはサポートエリアにレベル5以上のカードならば

HP90,AT40,AGI2になる。

サポートにレベル5以上つけたらとても重たいけれど

援護カードならばステータスがあがるし

強い

青のヴォンドラームは2枚ドローと相手が非優勢ならば、

相手のユニットをHP=20にする。

HP系は最近厳しい・・・

 

今回は速攻で黒のアフィールを選びました。

今使ってるファイルに3枚目が欲しかったのですごい嬉しい。

 

 


 

この記事の先頭へ▲

悩 LHのLvupカード

ザルグールファイル色々調整しながらアリーナで試しに戦ってたら

一日で2LVあがった。やったぜ

-----------------レベル39のプレゼント-----------------

左から所持枚数 3枚 3枚 0枚 0枚

なので、確定に。そこで能力を見て決めてみました。

どっちもとても面白い能力。

赤のディラートはエリアのカード消さずに

エリアのカードのATだけを加えた後AT+30する。

強い

対して青のトリフェははカウンター発動が1度だけ出来る。

山札から1枚選択して墓地送った後、相手のAT分HPが増え、

ATも30あがる。その後山札の一番上のカード1枚手札に加える。

強い

なぜ良カードが同時に来てしまったのか・・・

でも今回は赤のディラートを選びました。

理由は単純に自分の好みのカードだったからです。

でも、今回の新弾によって重奏カードが流行っているので

例 光の儀式 等

青のトリフェのほうがよいかも?

まあ十分満足しているのでいいですが。

-----------------レベル40のプレゼント-----------------

 

左から所持枚数 1枚 0枚 2枚 0枚

今回は、4色どれでも選べる。能力次第だね。

白のイナンナは因果軍で色々出来る

強い

黒のボールハウスは新弾のカード。

ある程度条件はあるがアタックでSP半分に出来たりする。

強い

赤のエスリア、アタックスキルをうまく使うにはHPをあげなければいけない。サポートやらエリアであげてHP60あげれば130ダメージ出せる。でもバーンや先行ユニットに弱い。

 

青のオセアン、相手がファルカウ以外のユニットで勝利すれば実質3枚山札から手札に加えられる。手札が多いほどHPとATがあがるけどある程度使えるステータスになるまで手札で温存するよりも他のドロー促進カードで回したほうがよさそう。

 

今回は白のイナンナ黒のボールハウスで迷ってます。

因果軍デッキや普通のデッキでも十分活躍する可能性がある上にLHだけでなくAL2でも環境によってはすごく使える白のイナンナ

黒単デッキに1枚入れておきたい黒のボールハウス

 

皆さんならどちらを選ぶでしょうか。









この記事の先頭へ▲

LH ザルグールファイル

最近ザルグールを使ったファイルを作り試行錯誤しながら対戦しています。

ちなみにザルグールって何?って思った人のために少し説明します。

カードの能力は↓です。

 

このカードの一番の特徴はユニットとして手札から直接出すと手札に戻ってきてしまうデメリットスキルです。では、どうやってこのカードを活かすか・・・いくつか方法がありますが、現在色々と思考錯誤しています。

興味ある方からのコメントがあればファイル紹介しようかなと思ってます。


※実際は現在の流行のカードたちにかなりボコボコにされているので紹介するほどでもないかもしれませんが。

後、今日LH38Lvになりました。

レベルアップカードは以下の4枚でした。

 

すぐにニル・イド選んだために画像はカードリストからとってきました。





この記事の先頭へ▲

お名前メモする