パパンドレウのブログ

元ギリシャの首相です。

「第14回詰将棋解答選手権」に行ってきた。

 行ってきました。「詰将棋解答選手権」 。今年で3回目の参加です。
会場の「国立オリンピック記念青少年センター」にも、通いなれた道という感じで、何も考えずに行けてしまう・・・。桜がきれいでした。

 一般戦。5〜15手目の問題が6問出題されます。制限時間は60分。
過去2回は全問正解できなかったので、今年こそはなんとか全問正解したいところ・・・。
今年は、事前に『将棋世界』の「詰将棋サロン」を解くなどの練習ができなかったので、
あまり期待はしていなかったけれど、いやー駄目ですね。

1問目。いつも5手詰が出題されている。とはいっても、歯応えで言ったら、ミノ並のが例年でているのでちょっと警戒していた。そしたら、割とあっさり解けたので、逆に何かあるんじゃないかと思って何回も見返してしまった。何か、はなかったけど。

 今年は結構いけるのか〜、なんて思っていたら2問目でハマりました。「残り30分です!」と運営の人のアナウンスで驚く。2問目で時間がめっちゃ過ぎてる・・・。
その問題が以下(後手の持ち駒残全部)、沖 昌幸 氏作。
 初手はまぁ、飛車打つよな〜。でも5二・4二など横から打ったら角を取られて続かない。となると3一飛しかないところ。これに同玉は4二金までなので、4三玉と逃げる一手、この後が難い。4一飛成、3三玉、に3四金、同玉、4四龍で詰むじゃん!


と思ったけど、3四金の時に2二玉と逃げられて詰まないことに気づいた。この変化を考えたせいで、詰め上がり図はこの形に持っていくのか〜、と考えてしまったのが失敗だった。なかなか解けず、他の問題解くにしてもこの問題に費やした時間が無駄になるのが惜しくて長々考えてしまった。株などに失敗するスタンスですな。ズルズルいってしまう。
結果的にこの問題は解くことができたのだが、最後に大きな落とし穴があった。
解答に「金打」のところがあるのだが、「打」を記入しなかったので×になった。5五の金の移動範囲だったため。

今年の結果
 
6問中2問 正解。 1問 5点なので、 10点 (30点満点)だった。

今年は過去最低点でした。悔しいね〜。また、来年も参加するしかないな。
※詰将棋の問題情報は、「詰将棋解答選手権」のブログ?サイト?に載ります。




この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico