ねころびの庭

わたし、kids猫の気まぐれなブログ?です♪

2018年01月13日の記事

白川郷いってきましたレポ?

 

 

 

 

 実のところ、年明け前に行ってきてます 

 

 

 

 あんまり雪が降らないところに住んでるんですけど、今年は寒くなるそうですね。家族からも助けてもらって(金銭的に)冬用タイヤ、スタッドレスをつけました!

 

 じゃあ、せっかくつけたし、白川郷いこうって話です。

 

 

 

 

 

 

 母さま 「パス」

 

 

 

 

 

 

 というわけで、妹との二人旅。

 

 高速道路、いくつかのトンネルをくぐると雪がちらちらし始め、景色も徐々に雪が多くなっていきました。

 

 

 

 さぁ、もうすぐ白川郷ですよっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はい、五箇山(富山県)に到着でーす。

 

 

 出口が〜、わかりにくかったのです〜?

 

 通り過ぎた先のパーキングエリアで、もうちょっといけば五箇山もあるけどねーって、おじさんが教えてくれました。

 

 せっかくここまで来たんだし、白川郷前にいっちゃう?ってことで。

 

 

 

 白川郷よりたぶん小さい?けれど混んでなくて、雪山と藁ぶき屋根の家の景色を純粋に楽しめたなーって思います♪

 

 

 

 

 

 妹も 「もう雪ではしゃぐ歳でもないけどねー」 って言いながら雪玉をぶつけてきました。

 

 

 なんだかんだいって、まだまだ子供だねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私はちゃんと大人なので、きちんとお返しをしてあげました

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↑ こちらはパノラマ写真!

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、こんどは白川郷だねっ、と向かったのですが、ここからが大変でした;

 

 世界文化遺産に登録されたことで覚悟はしていたつもりでしたが、駐車場はいっぱい、出ていく車を待って入れ替わりで入っているようで、白川郷の景色を見る前から渋滞に。

 

 

 

 

 

 駐車場にく頃に 

 

 

 

 

 

 

 は閉鎖まで1時間まえになってました

 

 

 料金も1000円だし・・・もっとはやく出ておくべきでした;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 買いそびれちゃう前にと、渡橋をわたった先でお土産だけ先に買っちゃって、徐々に影を濃くしていく中、温かみのある光を灯す郷の景色を眺めてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 父さまにどぶろくを買って出た先で、雪が凍って滑りやすそうな場所を見つけたので、はやくに妹に声を掛けたのに、買った袋を抱えたまま見事に転んでくれました。漫画みたい。

 

 

 

 

 

 

 私 「どぶろく割れなかった?」

 

 妹 「ぇっ、そっち!?」

 

 

 

 

 

 

 ふたりで変に愉快になりながら車に戻り、着た時とは違う道を通って帰りました。

 

 

 

 

 途中で、ひぐらしのなく頃にでみる、圭一君の家を見つけましたが、もう暗かったし、家まで車を降りませんでしたので写真はないです;

 

 

 

 

 まわりになにもないところに、ポツンと、雪をかぶった公衆電話。

 

 たしかに生活を感じさせるのに、はやくに灯りを落とした家々。

 

 

 

 車が少なくって。

 人も通らなくって。

 

 

 

 

 まるで眠っているような。

 

 寂しいとは別の、心が静かになる感じ。

 

 

 

 

 それは愛おしいに近い。

 

 

 

 

 

 観光名所とはちがう、そんな山里の景色も見ることが出来て、とてもよかったです。

 

 

 

 

 

 

 足助が雪景色になる頃にも行ってみたいな♪

 

 

 

 

 

 











この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico