無題

 

2017年09月14日の記事

忘癒

どうせ忘れてしまうくらいなら

最初から傷つかなきゃいいのに

癒えることは忘れること
忘れることは癒えること
忘れられるぐらいの存在なら
最初からない方がいいんです

いなくなってみようと思った
いなくなってみたいと思った
私に一生物の数が残れば
きっとずっと忘れないだろう

そう思って
屋上に立って
柵を越えて
飛べなかった
嫌なことを忘れていた

私の祖父は死んだのです
私の祖母は死んだのです
私の友は死んだのです
私の犬は死んだのです

その他大勢知らぬ訃報が私を呼ぶ
でも私はその人たちが死んだことを
今の今まで忘れていた
そんなひどい話ってないよな
私はさ
一生忘れないだろう
そう思って柵を越えたんだ
そう思って






傷ついた日を控えておいたことはない
どうせ数えもしないうちに
癒えてしまうのだから




----
忘れる自分を、当事者意識がないと詰る。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico