黒森技研棋話。

シックでメロウな日々の中で囲碁を打ったり打たなかったり。

2018年03月の記事

俺と詰碁 その107

ここ最近キーボードの反応がとみに悪くなって難儀しておったのですが、買ってもう7年になるし寿命かなと思うも新しいのを買う前に一度クリーニングしてみるかとキーを全部バラして中を見てみましたらばホコリや菓子のクズなどがしこたまありまして、綿棒でほじくり出したり掃除機で吸い取ったりした結果、ここ数日の反応の悪さがウソのように改善されました。
何事にもメンテナンスって大切なんですねえ。

さて本題、有紀書房刊林海峰九段著「強くなる手筋」より
四隅とも黒番で何とかしましょう。



左下隅はオキでオッケー!と思ってページをめくってみたらそれではダメだとのことで、うーん正解を見ても今一つピンと来ないようと首を傾げるところ、ストンと腑に落ちるような理解は後からついて来る予定にしておいて、とにかくこれが石の形だということにしておきますかね。

この記事の先頭へ▲

欧州ソフト打ち不正事件。

欧州囲碁連盟が主催してパンダネットが協力するPandanet Go European Team Championshipという大会でイタリア代表チームの一人がLeelaによるソフト打ちであると認定されて、今期の同大会で打った対局は全て反則負けにされまして、今期と来期の同大会への出場を禁止にする処分が取られました。

Pandanet Go European Team Championshipというのはその名にteamとある通りの団体戦で、欧州・アフリカ・中近東の37か国の代表チームがA〜Dの四つのリーグに分かれて戦います。
何せ広域で長期にわたって行われるリーグ戦ですので、対局は全てパンダネットで行われます。
このうちのAリーグで昨年11月に行われた第四ラウンド、イタリア代表チームのCarloMetta四段がイスラエル代表チームのReemBenDavid五段と対局しまして下記の通り165手完で黒中押勝ちとなったのですが、イスラエル側からLeelaを使用したソフト打ちではないかとの抗議が入りました。
これ受けて大会を運営する欧州囲碁連盟が調査に入りまして様々な分析を行った結果、中盤の着手についてLeelaとの一致率が98%にもなり、他にもいろいろ判断材料となるところがあり、ハッシーならずとも1億%クロだよねという結論となりまして、3月25日に上述の処分が発表されたという経緯になります。
細かい時系列までは分かりませんが11月の対局に関して3月に調査結果を発表と言うことでかなり慎重に調査を重ねたようです。

黒番 イタリア代表チーム CarloMetta四段 with Leela
白番 イスラエル代表チーム ReemBenDavid五段

http://gokifu.net/t2.php?s=2411522286891390
165手完黒中押勝ち

棋譜を見ただけで「あ、これLeelaのソフト打ちやん!」となるとは思えませんが、欧州ではそれなりに注目されている棋戦で観戦者もそれなりのところにLeelaを使って勝率や候補手を参考にしながら観戦する人がいても別に珍しくは無いところです。
ニコニコやYoutubeで棋戦が中継される際にも天頂やLeelaが示す数値や候補手をコメントする人って結構いますものね。
それでLeelaとの一致率が98%まで高ければ疑惑の目を向けられてしまうことは不可避かと思われます。
そう考えると、世界の囲碁ファンに愛用されている無料ソフトLeelaを使ってのソフト打ちを大舞台でやるというのはちょっとガバガバ過ぎるというか即バレ待ったなしなんじゃねーのかという気がしなくもないですかね。

この事件は欧州囲碁界ではそれなりに衝撃で内部関係者によるリークなどもあり、下された処分とその根拠となる調査したデータの妥当性などについて不毛な論議が繰り返されています。
ただ、誰しも同意するところとしてチェスの先例にならってオンライン対局での大会の際にはソフト打ち対策として一手5〜10秒の超早碁の設定にするほかないよね、というのは論争の余地がないようでした。
ソフト打ちについて要らぬ疑念を抱く余地が無いルールにするということですね。

ネット対局を見るにソフト打ち隆盛の昨今ではありますが、いよいよ囲碁でも心の弱い人もしくは考え方が独特過ぎる人がそこそこ規模のデカいネット棋戦でソフト打ちをやらかしたというのは囲碁の歴史の重箱の隅に書き留められておくべき出来事なのではないかなあと私は思うのであります。

この記事の先頭へ▲

AQ先生を我がPCに招聘。

毎度のことではありますがダラダラとネットを巡回しておりましたらこんなのを見かけました。

山口 祐 @囲碁ソフトAQ開発中@ymg_aq
囲碁ソフトAQのダウンロード&インストール手順についてWiki(日本語)を書きました。
8:10 AM - 24 Feb 2018

リンク先の内容を見た感じではそんなに難しいことでは無さそうでしたのでウチのふっるーいPCにも幽玄の間で日本棋院の棋士相手にブイブイ言わせているAQ先生をお迎えしてみるかなという気になります。
チャチャッと必要なもの(AQ本体とGoGui)をダウンロードしてパーッと解凍してサクッと起動してガーッと必要な設定を説明通りにやってみましたところ・・・

本家AQ先生におかれましては何事かお気に召されぬようで下記画像のようなエラーメッセージを吐き出されましてまともに動作して頂けませんでした。



余計なことをせずに説明通りのことしかやってないんですけどねえ、おっかしいなあ。
それでCPUしか使わずグラボ不要のAQ-miniというバージョンを入れてみましたらばこちらは問題なく起動しました。
グラボを使わない分棋力は落ちまして二〜三段という話です。
ネットで二〜三段という意味なのでしょう、私には十分強い相手ですw

それでまあ本家AQ先生に動作して頂けない件についてはさておき、AQ-miniの方でどんな感じかを確かめてみることにします。

まず19路オンリーで9路や13路には対応しておりません。
対局を開始することくらいは出来ますがあくまで19路盤対局として認識しているので盤の外側の座標に打った時点で異常終了します。

置き碁も可能ですが初期設定のままだと五子までは白番を担当させると初手も打たずに投了します。
四子だと打ってきますが二隅で大過なく打つともう勝ち目無しと判断して投了して来ます。
この辺は設定ファイルで投了しないように変更出来ますのでいくらかマシになるかもしれませんが、水平線効果が来て着手が支離滅裂になるだけかもしれません。

テキストファイルベースでAQの分析状況を一応見ることが出来ます。

他にも設定ファイルを開いて中身を書き換えれば変更出来る項目がありますが思考時間は設定できてもプレイアウト数を変更できないので常に設定された時間内でのベストエフォートということになり実質的に棋力の変更は不可能ということになります。

ということでLeela先生がいかに神レベルでユーザーフレンドリーな無料ソフトであるかがしみじみと実感されますね。
とはいえ本職の先生相手に圧倒的な勝率を誇るAQ先生をウチのPCにお迎えして活躍させたいというところは変わりありませんで、何とかして問題を解決したいとは思うのですが、技術的には糞虫レベルな身でありますのでなかなか簡単には行きそうにありません。

障害の切り分けを考えるにグラボ必須の本家AQが動作せずにグラボ不要のAQ-miniが動作するので、私のPCが積んでいるグラボが古過ぎて対応してもらえないということが考えられなくもないのですが、何とか設定を少しいじるだけでパピっと正常に動作するようになってくれないものかなあとムシの良いことを考えています。

この記事の先頭へ▲

俺と詰碁 その106

日本棋院刊囲碁文庫こだわり講座2捨て石の極意より
黒が二の一に置いてきたところ、白番でどういう抵抗が可能でしょうか?という問題。
棋力設定は三分で五段です。


http://gokifu.net/t2.php?s=9911522113883695

玄玄碁経大舜思賢勢の外ダメが一つ空いている形ですね。
外ダメが全て詰まっている状態の問題は何度も見たことがあります。

┌┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼●○○┼┼┤
├┼┼●●○┼○┤
├┼┼┼●○○●┤
├┼┼┼●●●●┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┘

流石は一合マスの派生形、外ダメが一つ空いただけで話がややこしくなってきまして、白の三手目がそこに行って、そういう結末になるというのは私の拙いヨミが及ぶ範囲外でした。

この記事の先頭へ▲

ネット碁ランク対照比較調査。

2ちゃん(当時)の囲碁板にあった比較対照表スレがつとに有名かと思いますが現状野狐が東洋より少し甘いかもしれないかな?くらいで更新が停滞しています。
囲碁クエストのスレでも九路のレーティングと他のネット碁との関連性を探っていたようですが、囲碁クエ九路でレートが〇△□だったから十九路の東洋囲碁でなら×級で通用するという当てはめ方が通用するとは到底思えないという意見が多く、暫定の比較対照表はありますが鵜呑みにするなと但し書きが加えられていています。

洋物囲碁サイトの雄であるSensei'sLibraryでも似たような趣旨のページがありますが、こちらも2010年半ばの話でデータが古い上に野狐も東洋も無くてデータの範囲が狭いのが難点です。

そこで最新版のネット碁ランク比較対照調査をしようという人が現れました。
Webに各ネット碁サービス別の棋力を入力するアンケートのフォームを設置してみんな回答してね!というわけです。
What is your rank on various go servers?

棋力の聴取対象はネット碁で
OGS、KGS、DGS、IGS、Foxwq、Tygem、Wbaduk、GoQuest
となっていまして、加えてオフラインの認定段位として
EGF、AGA、韓国、中国、日本でそれぞれの囲碁統括団体から認定を受けている段位の入力を求めています。
OGS(OnlineGoServer)やDGS(DragonGoServer)は日本ではあまり聞かないサイトですが米欧ではそこそこ名の知れているネット碁サービスですね。
IGSはパンダネット、Foxwqは野狐囲碁、Tygemが東洋囲碁、GoQuestは海外でも結構人気がある囲碁クエストということでそれぞれの棋力を入力します。
KGSと同じく段はd、級はkで表記します。
囲碁クエストは段位ではなくレーティングの入力が求められています。

てなことで有用なデータが数多く集まれば信頼性の高い集計結果が得られて世界の俺らが何だか腑に落ちてスッキリすることになろうかと思いますので、皆さんよろしかったこの調査に参加してみませんか?という話でした。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする