ななぱちに導入して欲しいメーカー・機種 その3。

さて、今回は導入して欲しいメーカーに行く前にスロットの「タイプ」のお勉強をしましょう(`・ω・´)b

 

 

 

 

 

 

スロットにはそれぞれ「こういう感じの機種ですよー」というのを表す為に「タイプ」というのものが存在します。

 

 

 

5号機だと・・・

 

 

ボーナスタイプ・・・BIG・REGで出玉を増やす機種。

 

ATタイプ・・・AT(アシストタイム)で出玉を増やす機種。

 

ARTタイプ・・・ART(アシストリプレイタイム)で出玉を増やす機種。

 

 

 

大別するとこの3つのタイプがあり、これらが複合する機種に関しては「ボーナス+ART機」と表記されたりします。

 

ななぱちに設置されている機種だと「HOTD」「シスクエ」などがこれにあたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これと同じように4号機にも同じようなタイプ別の区分があったのです。

 

 

 

Aタイプ・・・BIGボーナス中にボーナスゲームを3回消化すると終了する機種のこと。ボーナスゲームとはREGと同義で、1回のBIGボーナスでおおよそ350〜711枚獲得出来た。

 

4号機では一番スタンダードなタイプだった。

 

 

Bタイプ・・・BIGボーナス中にボーナスゲームを1回ないし2回消化すると終了する機種のこと。Aタイプより枚数は取れないがボーナス確率が高いものが多かった。

 

 

Cタイプ・・・BIGボーナスは存在せず、REGや【集中】で出玉を増やす機種のこと。【集中】とは小役の高確率状態で、シングルボーナス(SINと表記されていた)今でいう「MB(ミドルボーナス)」がよく揃う状態になる。

 

なお、集中はボーナスを引くかパンクフラグを引くと終わるモノが多かった。

 

 

 

 

細かく言うとこの他にもあるんだけど、4号機を大別するとこの3つのタイプがあり、5号機のボーナスタイプの台のことを「Aタイプ」と言ったりするのは、この頃の名残。

 

 

こちらもタイプが複合する機種に関しては「A-Cタイプ」「B-Cタイプ」といった風に呼ばれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それでは本日の「ななぱちに導入して欲しいメーカー・機種」はコチラ。

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 


 

 

 

はぃ、言わずと知れた伝説の名機「吉宗」です(`・ω・´)

 

 

メーカーは「大都技研」

 

 

 

 

MAXで711枚取れるBIGボーナス!そしてBIGボーナスが1Gで連チャンするというゲーム性。

 

 

当然ながらハマりもキツかったんだけど、ツボにハマった時の爆発力・気持ち良さはパチスロ界の中でもトップクラスだと思います!

 

 

「吉宗中毒者=吉中」なんて言葉が出来るほどこの機種の魅力に憑りつかれる人が続出し、多くのスロッターの記憶に残った機種。

 

 

 

 

 

それまでパチ・スロに無縁だった女性が当時付き合っていた彼氏の影響で「吉宗」の虜になり、それ以来パチ・スロを打ち出した。という人も多い。

 

 

当時この頃のスロットのシマには、おぼつかない手付きで「吉宗」を打っていた女性も多く、その人が出し始めるといつの間にか隣に彼氏らしき男性が並んで打っていた。という光景をよく見かけた。

 

 

 

まぁ、既に色んなサイトに設置されている機種なので、ななぱちに導入したからといって新規顧客の開拓にはならないかもしれませんが、導入されれば喜ぶ人は多いと思います(`・ω・´)b

 

 

 

 

・・・とか、言ってますが。

 

 

私自身は「吉宗」をほぼ打っていなくて、この当時は「北斗の拳」ばかり打ってました(*ノωノ)

 

いつも他人がいっぱい出して気持ち良くなっているのを見ては『ワイもいつかはっ!』と夢を見て打ってはいましたが、1G連を体験することなく消えていった機種なんですよ・・・(´・ω・`)

 

 

 

あの時、叶わなかった夢をななぱちで実現させて欲しいなぁ〜と思ったので今回ピックアップしてみました。

 

もしも、「吉宗」を導入してくれるのならばっ!!

 

 

 

「爺のキーンが聴きたくて・・・」という曲を作りたいと思います(`・ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにですが、私が実際に打っていて導入して欲しい機種と言えば・・・

 

 

「ギラギラ爺夏(じいサマー)」・・・ボーナスをバンバン引きまくってARTが終わらない状態を体感してみたい。

 

「忍魂」・・・フリーズが最高にカッコ良い!野沢雅子さんがダメならアイデンティティの田島さんでも可(*´艸`*)

 

「キャメロットU」・・・4号機のA-Cタイプの台。すっごい好きだったんだけど、設置がなくてわざわざ大阪にまで打ちに行ってた。

 

 

 

 

あと、大都技研の前身「エーアイ」が出していた機種だと・・・

 

 

「ウィリーチャンプ」・・・4号機のA-Cタイプ。すっごい出したことがあって好きな台だった。裏モノだったのかもしれないw

 

「ブルドックボス」・・・こちらも裏モノだったと思われる。50Gほどで連チャンするダラダラとした感じだったけどBIGしか出なかった。当たる時にヌルンとブルドッグ図柄がスベってくる瞬間が堪らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

オマケ。

 

 

4号機後期、まだホールでイベントが出来た時代。

 

「押忍!番長」がイベント対象機種になっていたんだけど客付きはイマイチだった。

 

おそらく、店長が頑張って高設定をたくさん入れたのだろう。

 

そのうちに女性店員がカウンターからマイクを使って「押忍!番長」をアピールし始めた。

 

 

 

「本日のイベント機種、オッス!番長

 

高設定を多数投入しております、オッス!番長

 

まだ若干ではございますが、オッス!番長に空き台がございます!

 

本日のおススメ機種、オッス!番長にどうぞお座り下さいませー(´∀`*)」

 

 

 

女性がよそ行きの声で、ドラゴンボールの悟空並みに「オッス、オッス!」言ってるのが面白かったのと同時に『誰か教えたれやっ!』と、ニヤニヤしながら「北斗の拳SE」でハマっていたのも良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・そういや「押忍!番長」のことは全く触れなかったけど、こっちも好きな人は多いだろうねー

 

 

 

では、本日はこれまでっ!

 

俺のブログに、また1ページ(`・ω・´)9

この記事の先頭へ▲

お名前メモする