2018年10月の記事

友人Tへの激励 -終-

ここに
新しい友人への【応援の気持ち】を綴ります。

頑張れ…T君。

家や電話番号だって知ってるんだし
もしかしたらどこかでばったり会うこともあるかもしれない。

その時は新しい彼を見て受け止めよう。
見て留めて…認めよう。

頑張れよ…T君。

笑顔あふれる日々が少しでも多くありますように…。

頑張ってな。ぅん…。頑張ろう。

新しい君の
新しい絵を描いて
いつの日かまた
見せてください。



タンスの中身が散乱したとはいえ…
すべてを忘れてしまったわけではない。

きっとまた
たまに散乱した記憶の欠片を拾い上げては
ふっと思い返してみたりしてくれるだろう…。

「ぁ〜…。そういえばマサミなんて奴がいたような…。」と――

                         終わり

この記事の先頭へ▲

友人Tへの激励 -8-

後日、うちの母が
彼の母親の言葉を聞かせてくれた。

『たぶんね…、元通りに…っていうのはもう難しいと思うの…。
外見は元通りになっても、頭の中までは…ね。
今現在のことだって、しっかり覚えているのが難しいんだもの…。』

たしかに――
事故によって、彼の頭の中のタンスの引き出しは
すべて外れ、中身が散乱してしまった…。
それを元通りに修復するっていうことが
どれだけ難しいことなのかは
医療や介護に従事している者でなくても
容易に想像ができるだろう。

それでも僕は【昔の記憶を元通りに整理することが出来たら…】という
ほんの少しの希望を希望してしまっていた。

『でももう、多くは望まないことにしたの。』

『一時不停止で事故を引き起こした相手方を…恨んだことがないわけじゃないのよ。
でも…当の本人が、その時のことをはっきりと覚えてもいないし
「あぁ、そうなんだ。」って笑っているのよ。』

『昔のようにはいかなくても、自分のできることを探して
今の自分と向き合い始めたんだから、それで良しとしなきゃね。』

親ってのは…強い。
今の彼をちゃんと受け入れて、支えてあげれているんだから…。

あぁ――
そうか…。僕は見方を間違えていたのかもしれない。

【元通り】じゃなくても
それ以外の道に希望が無いわけじゃないじゃないか…。
どこにだって
希望はあるじゃないか…


彼とは――
めちゃくちゃ仲が良かったということもない――

今でもめちゃくちゃ仲が良いというわけではない――

ただ――
高校は違う学校だったものの
小・中・専門学校と一緒であり――

かれこれ10年くらいの…多感な時を共に過ごした
大切な仲間だ――

                                   つづく

この記事の先頭へ▲

友人Tへの激励 -7-

2018年9月現在

最近、一人の友人が再就職をして頑張っているという話を聞いた。
数年前の自動車同士の事故…
相手方の一時不停止による追突事故で、頭を強く打ち付け
記憶回路に重大な損傷を負った彼だ。

彼とは、めちゃくちゃ仲が良かったということもないのだが
高校は違う学校だったものの
小・中・専門学校と一緒であり
かれこれ10年くらいの…多感な時を共に過ごした仲間だ。

彼の近況を伝え聞いた、うちの母の話によると
市内でパンの製造販売を行っているNPO法人で
元気に働きだしているとのことだった。

そういえば…
うちの介護施設にもパンの販売に来ている法人があった…。
市内でそういった活動をしているところっていうと、そこしか思いつかない…。

普段はパンを買いに行ったりしない ぬしだったが
翌週の施設内での販売日…
意を決して、そこに足を運んでみた。

そこに彼の姿は
……
なかった…。

恐る恐る販売員さんに声をかけ
「ぁの…そちらでTさんって…働いてますか?」
…と聞いてみると
一瞬【はっ】とした表情を見せた後、考えこみ…
「ぃゃ…いません…。」という答えが返ったきた。

ぁ…そっか。
個人情報…。
例えそこで彼が働いているんだとしても
簡単に教えられるわけないわな…。

結局その日、Tのことを知ることは出来なかった…

                                   つづく

この記事の先頭へ▲

Tシャツデザイン

ここ数日、ずっと
【おえ森】のTシャツデザインコンテスト用に
ネタ絵ばかり描いていますゎ

左の方が一番最初に投稿してみたやつなんだけど
自分的には「なんだかありがちすぎてつまらんなぁ」と思いながら描いてた…
…のわりに意外と好評なんだけどねw

右の方はちょっとヤバめなネタ…
もっとシュール感を出したかったんやけど
なんかゴチャゴチャしてしまった…(´・ω・`)
今更ながら、デザインってのは奥が深ぃ…むつかしぃもんやな…と感じましたゎ

これは前にブログにも載せてたネタ絵から…
右のはちょっと発展させて
ガラスに描いた絵っぽくして、ヨダレを表現してみた…( ゚∀、゚)…

ボクです…
……
ぃぇ…フィクションです…

左の方は【赤ちゃんが乗ってます】ステッカーのパロディー…
後々ネットで検索してみたら
同じ発想の商品がすでにいくつもあるのねw
それにしても…赤ちゃんがいまいち可愛くねぇ

右のファッ〇ポーズしてる少女…
お気付きだろぅか…
背中に背負っているのはランドセルである…JS!JS!(*”゚∀゚)o彡゜

これはもぅ完全に優秀賞狙いで…
同じように おえ森のキャラクターである【リス】をあしらった作品が
いくつも投稿されてはいますが
デザイン的に秀逸ぢゃなぃ(゚∀・ )? (自画自賛)

左の方は、これまた前にブログにも載せていたネタ画像から…
個人的には、こういぅシュールなのをもっと描いていきたぃ…

右のはもぅ思い付きで…

…これは完全にシモ…

ぃゃぁ…
こういぅの考えるのって
やっぱ楽しぃ♪ヾ(*´∀`*)ノ

デザイン学校で
自分の画力の低さに軽く挫折感を味わぃ
あとはもぅ怠け心で簡単に中退を決めてしまったあの頃の自分に教えてあげたぃ…
『お前は画力とかぢゃなくてアイデアで勝負する人間やぞ』
『こういぅくだらなぃアイデアを捻り出すことに面白味を感じているんだろ?」…と


え〜…
次に考えているネタ絵はコレです⇩



この記事の先頭へ▲

友人Tへの激励 -6-

まぁ…
まだ、事故からやっと一年ちょっとが過ぎたとこやもんな…
気長に待つわ…


なんて…
本当は…わかっている…

彼の記憶回路が元通りに戻ったわけではないこと…

一度切れた配線が…再び元通りに繋がるなんてことは
奇跡に等しいのだということ…。

介護の世界に長く携わっていれば、目にするのは老人だけではない…

まだ50代、60代なのに
事故やら脳梗塞やらといった理由で、頭の中の配線が…
…という…そんな方たちに関わったりもするのだ。

本当は…知っている…

元通りに…
なんていうことが
どれほど難しく…
どれだけ希望的観測に過ぎないのかということを…。

それでも僕は

そのほんの少しの希望を…希望する…。

                         つづく

この記事の先頭へ▲

お名前メモする