平成31年度版ブログ2月で?アイスの国の?11歳ねんどん

ねんどん達は今頃、旧ハンゲ・ラインの倉庫の片隅で寝ているか?邪魔にされているのか?丸9年過ぎ10年…

2018年12月の記事

契約の抜け道?

お題ブログ:おにぎりの形にこだわりはある?

1978年頃ドラフトの空白の一日事件があったが、同じではないがまた同じ球団が選手を一時的に自由契約にしてFAの人的補償(プロテクト)逃れを行っている。

 

全日本に準じたような選手を集めないと優勝できないと必死にFA補強していたが何故3年くらい前突然監督を辞めたのかその説明もしないで、疑惑をもたれたまま辞めて突然また全日本みたいなチームにしたなら優勝しますとばかりに復帰する。疑惑は晴れたのか?

 

巨人は、ドラフト1位以外はドラフトに参加しないほうが球界全体の選手が伸びるのではないか?

 

どうせFAで補強するのだから他球団が一流に育てた選手をFAで集めて優勝を目指せば良いのではないかと思う。

 

巨人でドラフト2位以下で指名されたために、巨人の元選手という箔は付いても選手生命は5年未満なら人生的に良いのかはそれぞれだろうけど、他の球団で一軍維持できるか、一軍と二軍をいききするような選手で10年近くできる選手のほうがいいのかは、判らないけど。

 

人的補償逃れの自由契約するなら、連続して同じ球団にと契約できないとか、再契約には一年(1シーズン)以上空けるとか。

 

ドラフト事件の時のような空白の自由契約事件として語り継がれ、毎年のようにあの球団でのあの監督の習慣になってしまう。

 

何故あの球団は球界の抜け道を探すのが上手いのか?

 

最初の球団だからか?

この記事の先頭へ▲

《仮名》

お名前メモする