イリュージョン打ち( ´∀`)もふもふ

「イリュージョン打ち」使い天和(はぐれ猫)の麻雀ブログです

十段戦の感想

プロ連盟の十段戦をニコ生で最後らへん少し観た。

 

瀬戸熊プロが優勝。

 

堀内プロは惜敗・・・終了直後のインタビューに即座に答えられない位泣いてた。

悔しかっただろうなあ・・・

でも、それだけ本気で打ってたって事。

堀内プロに対する好感度が、かなり僕の中では上がりました。

 

涙を拭いて「来年また決勝に残って瀬戸熊プロに挑戦します!」って言ってる姿が素晴らしかった。

 

途中の森山プロが優勝を競っている堀内プロから順位に関係なさそうなリーチで直撃して優勝争いの邪魔をした事にコメントで批判の嵐が・・・

※親の連荘が長引いてたので、時間調整の為あがった説もあるけど・・・直前に森山プロ時計気にしてた、ってコメもあったし・・・。

 

でも、こういうアガリを「空気読め!」とか言って認めないから、プロのタイトル戦とかが「優勝争いに関係なくなったら降りる」、なんていうつまらない麻雀になってしまったんじゃなかろうか?

脇二人が降りて、上位二人だけがアガリ目指す麻雀なんて観て面白いのか?

 

そういうの防ぐためにも2〜4位にもそれなりの差のついた賞金出すべきだよね・・・。

(´・ω・`)へむへむ・・・

 

やはり、最後の最後まで全力の闘いが観たいです

(´・ω・`)へむへむ・・・

 

まあ、色々瀬戸熊プロに対し批判と言うか森山プロに助けられたとかいう意見もあったけど、そこまで追い込んだのは間違いなく瀬戸熊プロだし、素直に瀬戸熊プロにはおめでとうと言いたいです

゜+.(´∀` )ノ゜+.゜

この記事の先頭へ▲

お名前メモする