シミリス4の麻雀日記

なんでこんなに必死なんだろ。

河に祈りを

めっきり寒くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

今日も麻雀漬けな私ですが

 

ちょっと面白い事が起こったのでこれを書いています。

 

 

 

 

東風戦オーラス、状況はこちら。

 

 

 

 

私は31100持ち3着目

 

対面さんに倍満でも打ち込まない限りラスにはならないので

 

全力で早上がりを狙いたいところです。

 

 

2000点でいい、早い手来て・・・!?

 

 

 

 

 

 

 

実際に来た配牌はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。 

 

 

 

 

ナニコレ

 

 

リャンメンターツすら一つもない5シャンテンですよ兄さん

 

 

やれやれ。

 

ま、グダグダ言っててもしょうがないので手なりで進めてみるかな。

 

振込みの心配あまりしなくていいしね、どうせ3着濃厚だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけでいらない順に切り飛ばしていくと

6順目でこうなりました。

 

 

 

 

 

 

これ、6順目の手牌ですよ?

 

並の配牌より悪いよね。

 

 

 

 

この時点で上がりはほぼあきらめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして逆転へのかすかな望みを流し満貫に託します。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら一九字牌を切り続ける事17回、

 

 

 

私に回ってきたハイテイをつもる前の状況はこちら。 

 

 

 

 

 

 

 

手の中にはもうヤオチュウ牌はありません

 

ハイテイで引いてくるのを祈るだけ・・・

 

 

 

 

 

 

そして私の河ですが国士無双を聴牌しています。

 

足りない牌は

 

 

 

そして。

 

 

 

 

 

 

 

まるでこれが誰かの意思で作られた譜面であるかのように 

 

 

 

 

 

 

最後のピースが足りないパズルのようなこの状況で

 

 

 

 

 

 

私のハイテイ牌は当たり前のように

 

 

 

 

 

これが本当に偶然なのかと思わせるような

 

 

 

 

 

4枚目のでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河は足りない最後のピースを得て完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

そして勝負の方は

 

国士無双とは行きませんでしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はにっこり笑って勝負を終えるのでした。

 

 

この記事の先頭へ▲

お名前メモする