紅茶に寄り添って

紅茶や紅茶道具に関するあれこれ。と思っていたら色々手を出して収拾付かなくなったブログ。

2018年12月の記事

鳥そぼろという選択 あと鍋うどん

好物にも色々とありますが、私はお肉では鶏肉が好き。
牛よりも噛みやすく、じんわりと優しい味で好きなのです。あとお財布にも優しい。
グリルで焼いても良いですし、カレーとして煮ても美味しいですね。

そんな中、ふとコンビニで目に留まった鳥そぼろ丼。
鳥そぼろ美味しいよねと思いつつ、お弁当を買いにきたわけではないのでスルー。
しかし、一日経ち、二日経ち、鳥そぼろの事が頭から離れてくれません。
なら自分で作りましょう。

ネットは本当に便利ですね。
使っている材料は鳥の挽肉、酒、砂糖、醤油、みりんだけ。
掛けた時間も15分程度かな。
僅かそれだけで大量の鳥そぼろが出来ました。
この上に半熟たまごを乗せても良いし、鳥そぼろを使ってひじきの鳥そぼろやパスタに乗せても良いですし使い方も色々あります。
鳥そぼろはお得な料理と言っても過言ではないですね。






寒い。
朝起きたら寒くて、全ての気力を持っていかれます。
こんな寒い日はうどんを食べたい。それも豆腐が入ったやつ。
とろろ昆布とネギ、天カスも大量に入れて、あとは生姜も入れれば完璧です。
その妄想が頭の中で固まれば固まるほど食べたくなってきます。
と言うわけで日曜の朝一番にうどんが食べたくて、昆布だけ水に放り込んだらスーパーの開店直後に突撃して材料を買ってきました。
テーマはお鍋のうどんです。うどんの鍋ではなく鍋うどんである事が重要です。


うどんをお湯で茹でて水切ってー、



野菜の具たくさんの汁を作ったら、適当に具材を盛り付けてー、


ネギと天カスも入れて完成です。
この上にお好みで生姜やとろろ昆布も入れましょう。
具材は白菜、春菊、豆腐、椎茸です。とても美味しい。
やはり寒い日は鍋うどんに限りますね。ポカポカです。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする