紅茶に寄り添って

紅茶や紅茶道具に関するあれこれ。と思っていたら色々手を出して収拾付かなくなったブログ。

すべての記事を表示

ラテアートに恋して

継続は力にならず、努力は実らない。
変化を求めても安定を選択して、転機やチャンスは手から零れ落ちていく。
私にとってのラテアートとはそう言うものなのかもしれません。


などと、最近の牛乳パックが5つ積み重なってる状況にそう考えてしまいます。
消費量がハンパないです。




時々出来る反転模様。
真ん中のハートが白とコーヒーの茶色で反転している様に見えるのがカッコいいですが、
作り出そうと思って出来る技術力はないです。
縞模様もしっかりと入っていて綺麗ですが、もう少しハートっぽく見えてるように出来たら良かったかなと思います。





私の理想はリーフです。葉っぱのラテアート。
ずっと練習していますが上手くできません。
最近で一番リーフっぽいかなと思ったのがコレですが、やっぱり違う。
一度だけでも作れたら自信に繋がるのですが。
悲しい。





リーフを作ろうとしてなんか出来た変なの。
見ようによってはカッコいいかもしれないし、
見ようによっては呪われてそうとも見える。



小学三年生時の自分の靴を書く美術の時間に、芸術的才能は自分にはないんだなと悟ってはいましたけど、これはヒドイ。

この記事の先頭へ▲

トロットロのメチャデカプリン

お盆休みとは言うものの、親戚付き合いや友達付き合いや仕事の付き合いで毎日毎日精神が削られていく日々。
ようやく一日用事のない日が来たので、何かのためにお盆中に買っておいた生クリームを使って料理しようと立ち上がる。

最初は生クリームを使ってカルボナーラかグラタンか、と考えていたのですが、巨大プリンを作りなさい、合言葉は生クリームトロットロ、と頭の中の小さな私が囁いて飛んで行ったのでプリンを作ることにしました。

巨大プリンは一度挑戦してみたかったんですよね。
ちょうど良い大きさのガラスのボールもあるので、カラメルとプリン液を用意するだけです。



大きいのが全く固まらない。
最終的に一時間半を超えてオーブンに入れていたと思います。
元々時間は掛かるだろうとは予想していたのですが、長時間の熱でも焦げないようにとアルミで蓋したのも悪かったかな。
他のもアルミに表面が触れていたからか、表面にアルミの型が付いてたり。
ネットに上げられなくなるような適当な仕事はやめろ。
肝心の味は濃厚でトロットロという感じでしたが、これは、飽きますね。
なぜ小さな自分は、いつも後悔することしか言わないのか。

この記事の先頭へ▲

カツオのタタキに梅ポン酢

人は食べずに生きる事はできません。
次の食事に何を食べるのか、それを悩むのは人として当然の欲求です。
今では食材+レシピと検索するだけで様々なレシピが出てきます。
最近になってカツオのタタキで検索して出てきたのが、カツオのタタキの梅タレでした。



色々レシピはあると思いますが、私は簡単に梅を包丁で叩いてポン酢と合わせて完成です。
さっぱりとした酸味が美味しいです。特に夏は梅の酸味で食が進みます。
生姜やニンニクをちょい足ししても良いと思います。
おススメです。

カクテルは少し辛いXYZ。
刺身とカクテルは合わせる物なのかは知りませんが、お酒はあまり飲まないので分かりません。

この記事の先頭へ▲

掠れた彩りを撫でて

アンティークを楽しむにも様々ありまして、まずコレクションとしての楽しみ方を思いつく方も多いでしょう。鑑賞用みたいな感じ。
現在の大量生産にはない意匠が施された拘り、機械ではなく手作業の暖かさには溜め息が出るものもあります。
他にはアンティークを使うことによって、歴史に想いを馳せる楽しみ方。
いくつもの人の手に渡り、そして今手元にあるというその不思議は、心の奥底にある好奇心や想像力をくすぐり、これからいくつの人の手に渡るのだろうと未来にも想いを馳せるのです。実用ですね。
布教用は思いつきませんが、飾ることでこういうのを持っていると見せびらかせる用途の人もいるかもしれません。
アンティークという言葉の定義はあやふやですが、100年過ぎた辺りが境らしいですね。



手前のカップがダービー、奥のがリッジウェイのカップです。
ダービーが1810年代、リッジウェイが1820年代の触れ込みです。
リッジウェイは精度が悪くて、カップの方は土台がお椀状になっているのかカタカタと揺れます。ソーサーはそうでもないのですが、それかこういう意匠だったのでしょうか。
人が描いたとは思えない見事な金彩が素敵ですね。
残念なことにその金彩も所々剥げ落ちていますが、これもアンティークの味なのです。
何度口をつけて洗われたりしたのだろう、これを使った人達はどういう風に使っていたのだろうと想いを馳せるのです。
決して自分にそう言い聞かせているのではありません。ありません。

アンティークはとても貴重なものですが、眺めるのはもちろん、ガンガン使っても良いと思います。
それもまた味が出て、次の人の手に渡った時に想いを馳せる一つの要因になってくれるでしょう。
皆さんもアンティークの世界に興味を持って頂ければ嬉しいです。


関係ないですが、
昨日の夜中にふと起きて見てみたら、実況プレイカテゴリーの毎時という、ピンポイントでの検索ですがそれでもランキングに載ってました。
めっちゃ嬉しくて、思わずスクショを撮りました。

視聴者さんが応援してくれたお陰だと思う一方で、この過疎動画っぷりで夜中の毎時、それも実況プレイカテゴリーのみとはいえランキングに載れるって、ニコニコ一体どうなってるの?
と思う面があります。
ちなみに二十四時間の実況プレイカテのランキングは243位だったらしいです。
やっぱりこの再生数でこれは、投稿が減っているのか利用者が減っているのか。
頑張れニコニコ。

この記事の先頭へ▲

紅茶を飲むために本を開く

しれっと更新します。
紅茶には様々な商品があり、当然オシャレを意識した商品も数多くあります。
缶のデザインに凝ってみたり、こういうのを送っちゃうオシャレな自分、と贈答用に用意してみたり。
その中の一つにルピシアの「ブック オブ ティ―」という商品があります。
毎年一度、その年ごとのテーマで販売されているらしく、今年は幸運・幸福の扉をイメージしたテーマらしいです。






こんな感じで専用のパッケージの中に一つずつ違う味のティーバッグが入っています。
ティーバックの袋にはそれぞれ幸運を連想させる絵が描かれていて、
小冊子にその説明と、この紅茶はこんな味の紅茶という説明書になっています。
とてもオシャレで良い商品ではあるのです。
前々から気にはなっていたのですが、あんまりルピシアさんに興味なかったので前回まではスルーしていましたが、今回は物は試しと買ってみました。
送料込みで4千円くらいだったかな。
ただしとんでもない問題が一つあります。



デカい。
棚に入れて飾ろうと思ったら入らない。
今回のことで確信した。私とルピシアさんは絶対相性が悪い。
いくつか飲んでみたら、味自体はそんなに悪くはないように感じました。
自分でレモン果汁入れたりして味を調えているからかもしれませんが。


ちなみに本型のデザインでは、バシラーティーという会社さんのパッケージがとてもオシャレです。
次はそっちも買ってみようかな。

この記事の先頭へ▲

お名前メモする