第七期将王決定戦

優勝しました!!

 

ちなみに将王とは、麻将連合のプロリーグの優勝者のことで、今年で7年目。

私が優勝したのは第三期以来、2回目です♪

 

 

ルールは、一発・裏ドラ・テンパイ料がなく、アガリでしか点数が動かないという

とてもシンプルなもの。リーチのメリットが少ないため、相手の手牌進行を読んでの押し引きや、

手役作りの技術が重要になってきます。

 

 

決勝のメンツは忍田幸夫、山本裕司、木村和幸。

 

私がこの業界に入る前からトップで活躍していた忍田さん・木村さんに加えて、

ここ数年の成績では1・2を争う山本さん。

当然、簡単に勝てる相手ではないですが、運よく勝つことができました♪

 

 

 

一番印象に残っている場面。

 

 

忍田さんの親リーチに対してオリていたが、海底牌をツモったところで

ついに手詰まり、懸命に読んで、かなりの自信を持って切った牌で

 

 

なんと!!

 

 

 

満貫放銃゜Д゜)。。。

 

 

それでも自信は揺れることなく、トップを捲り返せたのがよかったと思います。

 

 

 

過去に将王を2回獲得したのは、原浩明・三原孝博の2人。

できれば連覇して3回目を獲りたいですね〜♪

 

 

マージャンリーグでは、基本的には深夜に入ることが多くなりそうですが、

できる限りいろんな時間に入って、多くの人と打ちたいと思っています。

 

来年もよろしくお願いします〜(・∀・)

この記事の先頭へ▲

お名前メモする