すべての記事を表示

ありがとうございました。

約5年に渡って参戦させていただいたこのマージャンリーグが、

あと数日で終了することになってしまいました。
今まで本当にありがとうございました。

 

ゲーム中に私が考えていたことは、やはりいい成績を残すことです。

具体的には、終了時の持ち点をできるだけ大きくすることと、

平均順位をよくすることですね。
ゲームが始まった東1局。私はまず相手3人のデータをチェックします。
平均順位はどのくらいか。そして、和了率・放銃率・副露率はどのくらいか

などなど…
これらは人によってかなり違うので、ゲーム中もかなり参考にしながら

打っていました。

もちろん、どんな打ち方がいいとか悪いとかではなく、

個性の違いとして意識し、打ち方を合わせるんです。


たとえば、副露率が15%人がひとつポンと言ったたら、高い手か、

あるいはかなり整った手である証拠。要注意ですよね。

また、平均順位が2.1〜2.2くらいの人がいれば

相当の実力者と見て、警戒することになります。

 

私がこだわり続けた自分の成績は以下の通り。(12/26日現在)
対局数    1886戦

平均順位  2.216位

和了率   28.07%

放銃率   11.84%

 

500戦くらいから意識していた、

「平均順位2.2以下、和了率28以上、放送銃率12%以下」
という数字のうち、一番難しいと思っていた平均順位2.2だけは

クリアすることができませんでしたが、まあ最低限の役割は

果たせたのではないかと思います。

 

ただ、和了率重視の私の打ち方はかなり特殊なので、

みなさんにはオススメできませんが(笑)

 

 

いつも観戦してくれていた方、カウントに合わせてくれた方、

チャットで絡んでくれた方、そして大勢のユーザーのみなさん。

今まで本当にありがとうございました。

この記事の先頭へ▲

第七期将王決定戦

優勝しました!!

 

ちなみに将王とは、麻将連合のプロリーグの優勝者のことで、今年で7年目。

私が優勝したのは第三期以来、2回目です♪

 

 

ルールは、一発・裏ドラ・テンパイ料がなく、アガリでしか点数が動かないという

とてもシンプルなもの。リーチのメリットが少ないため、相手の手牌進行を読んでの押し引きや、

手役作りの技術が重要になってきます。

 

 

決勝のメンツは忍田幸夫、山本裕司、木村和幸。

 

私がこの業界に入る前からトップで活躍していた忍田さん・木村さんに加えて、

ここ数年の成績では1・2を争う山本さん。

当然、簡単に勝てる相手ではないですが、運よく勝つことができました♪

 

 

 

一番印象に残っている場面。

 

 

忍田さんの親リーチに対してオリていたが、海底牌をツモったところで

ついに手詰まり、懸命に読んで、かなりの自信を持って切った牌で

 

 

なんと!!

 

 

 

満貫放銃゜Д゜)。。。

 

 

それでも自信は揺れることなく、トップを捲り返せたのがよかったと思います。

 

 

 

過去に将王を2回獲得したのは、原浩明・三原孝博の2人。

できれば連覇して3回目を獲りたいですね〜♪

 

 

マージャンリーグでは、基本的には深夜に入ることが多くなりそうですが、

できる限りいろんな時間に入って、多くの人と打ちたいと思っています。

 

来年もよろしくお願いします〜(・∀・)

この記事の先頭へ▲

将王決定戦

麻将連合の公式戦、ミューリーグでのお話。

一発・裏ドラや、テンパイ料もない、カタ〜いルールです。

 

西家  ドラ1

一一DE456 GGGGミンカン 五六七チー  ツモC

 

あ、ツモった。 でも役がない・・・(´・ω・`)

ツモはあと1回。普通はもう降りるだけですが、このときは別でした。

大長考の末、切ったのは6。

 

そして次のツモは3。

 

 

 

 

 

 

「ツモっ。 300・500。」

 

そう、ハイテイがついて和了れたのです

しかも、出ていたリーチ棒2本を回収できるという、超オイシイ和了。

 

「ハイテイのみ」ならけっこう和了ったことはあるけど、1巡前に役なしをツモってしまって

そこからツモれる待ちを選んで和了れたのは初めてですよ♪

 

 

こんなことをしていたら、将王決定戦に残ることができました。

5年連続5回目。

ただ、持ち越しのポイント差がキツイので、優勝はかなり難しそうです。。。

計算してみたら、576分の14くらい(笑)

でも去年残ったときは576分の9だったので、ちょっとは成長したかな♪

 

来月、いい報告ができるといいですね〜

 

この記事の先頭へ▲

初。

記念アイコン
  • 2008/05/31
  • 【マージャンリーグ】
  • 国士無双

マージャンリーグを始めて約3年、

1050戦めにして初めての役満

 

国士無双をあがりましたっ

 

リーチがかかって3シャンテンだったときはもうだめだと思いましたが、

思いのほか手が進んで、最後は安全そうな字牌待ちになり・・・♪

 

私はめったに役満は狙わないし、四暗刻になりそうでもすぐに鳴いてしまうので

普通の人より少ないのはわかりますが、まさかここまで時間がかかるとは・・・

 

ロビーではみなさんの祝福&同情の声がありがたかったです。。(>_<)。。

 

 

次は、推定2年後。

不幸にもそのときに同卓した人はカンベンしてくださいね(笑)

この記事の先頭へ▲

せんせん

マージャンリーグを始めて約2年半、ようやく1000半荘を達成しました♪

記念に成績を発表したいと思います。

およそ11310もの局のデータなので、それなりに信憑性がありそうです

  

    1位      337回

    2位      282回

    3位      209回

    4位      172回

 平均順位     2,22

 終了時持ち点  28686

 

 和了率      27.95

 平均和了点    4424

 放銃率      12.06%

 平均放銃点    4484点     

 流局率      10.50%

 

私のマージャンの特徴は、見ての通り安くてもたくさんあがることですね。

和了にはツモの1翻がつく場合があるので、和了点は放銃点より高くなるのが普通です。

ところが、私の場合は・・・(笑)

ちなみに役満数は、なんと1000戦してゼロ!!他のプロは同じくらいの打荘数で

5回前後、山本プロにいたっては12回も和了っているというのに・・・

 

ただ、このくらいたくさん和了っていれば、平均順位も平均持ち点も、かなり良くなるんです。

私の和了が約28%、流局が10.5%とすると、残りの局は61.5%

とすると、同卓者が和了るのは20.5%ほどになります。

28対20.5 つまり、私のほうが1.4倍近くも和了るので、

和了点は少々安くても持ち点は増えていくということですね。

 

もちろん、放銃率を下げる・和了点を上げるなど、他のやり方でも

成績は良くなりますが、私は今のところこの「たくさん和了る作戦」中心にいくつもりです。

 

平均順位で、忍田プロや一部のユーザーの方を超えられなかったのが残念ですが

次の1000戦が終わったときにはどうなってるか楽しみですね。

 

これからもヨロシクお願いしますm(_ _)m

この記事の先頭へ▲

お名前メモする

ハンゲーム Microsoft Windows および Internet Explorer 11 でご利用ください

Family Site

  • 無料マンガならcomico